IMACHI LIVE TOURS vol.1!   

2009年 06月 09日
行ってまいりました~。
待ちに待った「いまちゃんとその愉快な仲間たち」主催のQセッション。
まずは、大盛況に終わったこのセッションに、参加できたことを深く心より感謝いたしまする。
とりわけ、スタッフのメンバーの皆様のご尽力ぶりには、本当に頭が下がる思いでございました。
スタッフ総勢8名、余すことなくそれぞれの個性と特技と本領を発揮して力を合わせていらっしゃって。そんなわけで、痒いところにも重箱の隅っこにも、すばらしく気配りの行き届いたイベントでした。
世の中って、「ポジティブで楽しい方向」に向かうと、自然と適材適所な人脈が集まって、すんなりスムーズに事が運ぶように、できているんですね。
おかげさまで、このうえなく楽しい、かけがいのないひとときを過ごさせていただきました。本当に、ありがとうございました!
次回も必ず、参加させてくださいね!

では、演奏曲を振り返ってみることに・・・

★The March of the Black Queen ~Funny
[喜楽院、Sweet/さつき、Kuma、いまち/よしぞう/ソルジャー/ドロたん/タラ、いまち]

これは半ばムリを言って弾かせていただきました。これが、どうしても、やりたかったのです。
去年4月に「The Fairy Feller's Master-Stroke&Nevermore」をやはり喜楽院さん&Sweetさんボーカルで演奏させていただいたので、その完結編にあたる大曲だったのです。
練習にかけた期間、3ヶ月、のわりには、成果を出し切れず。あはは。
後半の怒涛のマーチ部分は、フレディが何をやってんのか、イマイチわからない。わからないんだけど、わからないなりに鍵盤を連打したら、異常に血圧が上昇したのは、わかった(笑)。ひゅ~、あぶなかった(笑)。

☆This Town Ain't Big Enough for the Both of Us /Sparks
[喜楽院 / かず / よしぞう / MFCオーナー / ドロたん]

「ロック界の変態兄弟」との異名をとる誉れ高きバンド、スパークスの代表曲。
まさか、まさか、こんな曲が演奏できる日が、来るとは・・・。これは、私の青春の1ページを濃厚に彩る曲なのです(遠い目)。ともかく、感無量でございました。
変な拍子のわりに、演奏陣には意外とラクな曲だったのでは。その反面、ヴォーカル陣には大変なプレッシャーがかかったのではないかと・・・。感謝、感謝!

★Friends Will Be Friends
[ニセリッチー / いまち / カエルケロ / MFCオーナー / ドロたん]

ストリングスをかぶせた音色で挑んだのだけど・・・。失敗、失敗。何もなかった顔して、イチからやりなおし(笑)。
この曲、ジョンがつくった曲に、フレディが伴奏をテキトーに入れて出来た曲なんだと思う・・・。そのフレディのテキトーさを追随するのが、難しくて(涙)。
このピアノ、たいしたことやってないように聞こえて、いちばん練習に時間を要してしまった。テキトーさを醸し出せるようになるまでが、長い道のりだった・・・。
ホントはテンパりまくってたけど、その緊張が表に出ずに、ちゃんと、テキトーにラフ弾いてるように、聴こえたかなぁ・・・。それだけが気がかり(笑

★Under Pressure
[すいちょうけん、バルサラ / オスカー / カエルケロ / MFCオーナー / ドロたん]
1月のセッションでも演奏したので、ナメてました(反省)。これ、ピアノあってもなくてもいいのに弾かせてもらったら、見事に足をひきずってしまいました。本当にごめんなさい・・・。焦った~。

その後、二次会で、「永遠の翼」を演奏させていただきました♪

ヘタっぴで何かと不器用で、「バカのひとつ覚え」でしか演奏できない私でもね、4年やって、ふと振り返ってみたら、「バカの三十覚え」くらいは、できるようになっておりました( ̄ー ̄v
でね、実は「永遠の翼」のオファー、内々に本番4日ほど前にいただいたのですが、ほいほいって、ふたつ返事で即OK出せたのです。
いやはや、バカも使いようです(きっぱり)。
そこのあなたの側にいるバカな部下も、使いようなのです。あはは・・・。だから、どんな人のことも、見捨てないであげてくださいね~(懇願)。

次の目標は、もっと優雅に自分のミスを笑い飛ばせるようになること!
自分のミスを笑えない人は、他人のミスも笑えないもんね。もっと優雅に、心にゆとりを持って、楽しめるようになれたらいいな~。
音楽だけでなく、人生、全般において。
もちろん、努力を放棄するためのイイワケではないのです。これでも、私にできるだけの努力はしてるんだもんね。

今回お会いできた皆様、ありがとうございました★
また次回、お会いできることを楽しみにしています!!!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2009-06-09 16:46 | 音楽