We Will Rock Us!!! ~第一部編~   

2005年 10月 04日
19:00、開演。
『六級~早!We Will Rock You』
道Q生はボーカル:jazzさん、ギター:ムライアンさん、ベース:じょんABさん、それに関西勢のMFCオーナーさんを迎え入れて、WWRUはこの曲で幕を開けた。
急激に、会場内のテンションが高まる!急に気が引き締まってきた!よーし、やってやるぜッ!!!
jazzさんはやっぱり舞台栄えがしてカッコいい!歌もますます上手くなっていってる!
バッチリのキャリアを誇るムライアンさんはさすが、ゆとりのギター!
じょんABさんのベースを聴くのはこれが初めて。Q飲み会で何度もお会いしたことがあったけれど、こんなにカッコいいベースを聴かせてくれる方だったとは!んもう、もっと早く教えてよ~!
そして、MFCオーナーさんのドラム。うぉー、すごい!私はド素人だから、ドラムの上手いヘタなんて、わからない。けれど、知り合いが「上手い人のドラムって、ビシッビシッと音が決まるから、音がデカくて響くんだ」みたいなことを言っていたのを思い出した。オーナーさんのドラムを聴いて、その意味が初めて、わかったような気がした。

『「死弐本足 Death On Two Legs』
junさんのピアノ。さもきゅりーさんのボーカル。忍者さんのギター。はじめさんのベース、MFCオーナーさんのドラム。
関西スペシャル!すごいすごい!!!北の大地で、夢の競演だー!
この曲は、junさんの華麗なピアノで始まる。
「あ~、なんてキレイな旋律なんだろう~」と、夢心地になって、トイレの中で聴いていたのを覚えている。(←ぉい!!!)
この曲、すっごく楽しみにしていたのに…私は何をやっていたんだ!?(T_T)
実は、この次に私の番が控えていたので、あまりの緊張と興奮で・・・自分でも何をしているのやら、わからなくなっていたのだ・・・。

『回顧的愛人 Good-Old Fashoned Lover Boy』
ボーカル:Brenda女王様、ギター:忍者さん、ベース:はじめさん、ドラム:MFCオーナーさん、ピアノ:ドロたん
テンションは高まっているけれど、会場はまだなんとなく和んでいない。そんななか、私の出番が回ってきてしまった。
心臓の鼓動があんまりにもグロウ・ファスタッ・ファスタッしすぎて、足どりもおぼつかない。おまけに、なんだか視界に霞がかかってきた・・・。ひ~。
ここまで緊張したらもう、何がなにやらワケがわからない。とりあえず、ピアノの前に座ってみた。
その途端、Brenda女王様に「ピアノから入って」と言われる。あれ?いつのまにやら私をのぞいたすべての人の準備体制が、カンペキに整っていた。
え?ちょっと待って、ピアノから?(゜Д゜)・・・・・・・・?
口を開けたまま9秒ほど固まっていただろうか。
ド初心者の私にはそんな臨機応変さは持ち合わせていないのだ。
だって…、楽譜では歌と一緒に入るから…楽譜どおりにしか弾けないんだもん…( ̄Д ̄;)
そこへすかさず、スーパーバイザーjunさんがカウントしてくれた。ううッ(T_T)。恩にきります、このご恩は一生忘れません、jun大先生様様m(_ _)m
気を取り直して、ピアノを弾き始める。たぶん、イイ感じで弾けてる、と思う。
この曲は「う~ら♪」が3回も出てくるから、何も考えずに弾いてるとどこのう~ら♪なのか絶対にわからなくなる。それが一番、気がかりだった。でも、1番目のう~ら♪も2番目のう~ら♪も順調にこなしてきた。私にしては、エラい!
Brenda女王様のツヤとノビがあってゴージャスで、まさに女王様然としたボーカルにうっとり、忍者さん&はじめさん&オーナーさんの関西ゴールデントリオの演奏に、絶対的な安心感を感じながら、もんのすごーく楽しく気持ちよく弾かせてもらっていた。
でもこの曲、短すぎるっ!こんなに楽しいのに!
あっという間に、最後の「う~ら♪」にさしかかってしまった。
この時、MFCオーナーさんが、哀メロ天国で言っていたお言葉を思い出した。勝手ながら、その一部を引用させてもらう。
「実に楽しくて終わってしまうのが勿体ない。
永遠に続いて欲しい(爆)なんて、つい考えてしまうくらい。」
あぁ、本当だ・・・。この時が、このすばらしいひとときが、永遠に続いて欲しい!!!
この一瞬をしかと、脳裏に焼き付けておきたい。その一心で、ステージの方を見た。と、その瞬間、

間違えた( ̄ロ ̄;)

ありゃりゃりゃ?ラストってどうやって終わるんだっけ???ななな、なんだっけ???
ひとり史上最悪のパニックに陥ってる中、ラバーボーイは楽しくほほえましく和やかに、終~了~♪
挨拶をした際、junさんに「笑顔がひきつってるよ」と言われてしまう・・・・・( ̄ー ̄;)
と、とにかく、たまらなく楽しかったデス☆みなさま、ありがとうございました!m(_ _)m

『不可止私今 Don't Stop Me Now』
ボーカルはヨウヘイさん。ギター、はかせさん。ベース、さもきゅりさん、それに、はじめさんのピアノ!
私はこの曲は、どうしても力んじゃって左手の持久力がもたなくて弾けない。
でも、さすがのはじめさん!パワフルなピアノを聴かせてくれる!「左手いてぇ~」とボヤきながら弾いていていたような気もするけど^^。でもやっぱりカッコいい~!はじめさんのピアノって音が多くて艶があって、妙に色っぽい・・・。どうしたらあんなピアノが弾けるんだろう・・・?うっとり。
そういえば、はじめさんはこの曲で脱いでくれるはずが、脱いでくれなかった気が・・・。

『愛欲 Crazy Little Thing Called Love』
jazzさんのドラム・デビュー曲!やっぱりド素人の私にはドラムの上手い下手なんてよくわからないけれど、これがデビューだとは思えない!楽しかったんだろうなぁ~。やっぱjazzさんは大きいから(笑)、音もパワフル!
masaくんのボーカル、かっこいー!フレディには感じたことのないタイプの「ダンディズム」が感じられた^^。
そして、アデリーさんのピアノ!アデリーさんは掲示板ではキーボードで練習していて、すべて耳コピで音をひろったと書いていた。うそだぁ・・・。こんなにピアノ上手なのにー。んもう、みんなして謙遜しないでよぉー!私はどうすれってゆーの?上手すぎ!(T_T)
パワフルでリズミカルで、聴いているだけで誰もが楽しくなっちゃうような快活なピアノ。最高でした!

『魔法 Kind Of Magic』
MFCオーナーさんのボーカルに注目!その隣でギターを弾く忍者さん、ベースはジョンABさん、アデリーさんが続けてピアノ。
オーナーさん&忍者さんの仲良し二人組みが並んでいる絵は、見ているだけでなんだか、たまらなく微笑ましい^^
その横で寡黙のベーシスト、ジョンABさんが軽やかにベースを聞かせてくれる。
これはもう楽しい!楽しい!オーナーさんがバッチリ笑いも取って、会場の空気が一気に和む。
この曲はjunさんがドラムだったハズ。
が、junさんのお姿が、見えない。よーく見ると、ドラムのとこになぜか緑色の照明が当たっていて、緑のjunさんが・・・、照明に溶け込んでる・・・?う~、junさんが、見えない・・・(^ー^;)

ここで、第一部、終了~!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2005-10-04 11:59 | セッション&バンド