Sweetの歴史(2)   

2005年 12月 31日
e0063317_23372355.jpg

今日も残すところあとわずか。
今週も残すところあとわずか。
今月も残すところあとわずか。
今年も残すところあとわずか。

と、いうことは…。
Sweet強化月間もあと約30分で終わりだ…(汗)。
年末のあわただしさに紛れてうっかり放置していましたが…、多いに焦ってSweetの歴史(2)アップします!
*この画像はクリックするともっと大きくなります♡


11/23
The Sweet Fanny Adams album also featured compressed high-pitched backing vocal harmonies, which was a trend that continued on all of Sweet's albums. Sweet, and fellow U.K. band Queen, were both recognised as one of the main exponents of high-pitched harmonies during the 1970s.

Sweetファニーアダムズアルバムも圧縮した調子の高い後退声のハーモニーを特徴としました。*1 そして、それはSweetのアルバムの全ての上で続けた傾向でした。甘くて、仲間の英国は、女王を縛って、1970年代の間に調子の高いハーモニーの主な主唱者のうちの1人と、両方とも認められました。*2
  1. →『The Sweet Fanny Adams』も分厚い高音のバッキング・ボーカルによるハーモニーが特徴的なアルバムで、
  2. 女王まで縛らなくても…。Sweetのデビューは1971年なので、一応、SweetはQueenの先輩です( ̄^ ̄)ノ
    →Sweetとそれに続くイギリスのバンドQueenは高音のコーラスが特徴的な1970年代のバンドとして知られている。



12/23
A second album was released during 1974, called Desolation Boulevard. One of the tracks off this album was a cover of The Who's "My Generation". Sweet received public praise from The Who's guitarist, Pete Townshend. Sweet also frequently cited The Who as being one of their main influences. At Townshend's invitation, Sweet were invited to support The Who at Charlton Athletics' Football Ground. Unfortunately, in June of 1974, Brian Connnolly was attacked before the group's going on as support, and he took time out from singing as his throat was badly bruised.

第2のアルバムは1974年の間に公開されました。そして、Desolation大通りと呼ばれていました。このアルバムを離れたトラックのうちの1本は、Whoの「私のGeneration」のカバーでした。*1 甘い物は、Whoのギタリスト(ピートタウンゼンド)から、一般の賞賛を受け取りました。甘い物も、しばしばWhoを彼らの主な影響のうちの1つであることとして引用しました。タウンゼンドの招待で、SweetはチャールトンアスレチックスのFootball GroundでWhoを支持しようと誘われました。残念なことに、1974年6月に、彼ののどにひどくあざができたので支持と彼が歌うことから時間をつくったのでグループが続く前に、ブライアンConnnollyは攻撃されました。*1
  1. この英語、わかりにくい…。翻訳するうえではその件に関する背景知識があると、英語力のなさをある程度カバーできますが背景知識が全くないので、こういうところで誤訳します(汗)。
    →1974年6月、サポーティング・アクトを務める前にブライアン・コノリーはノドを痛めてしまい、歌を控える必要があった。



13/23
In 1975, RCA released an album titled, The Sweet Singles Album, which was only released in Australia and New Zealand. This LP featured hard rock B side single recordings, including the hit singles "Ballroom Blitz", "Teenage Rampage", "Blockbuster", and "Hell Raiser".

1975年に、RCAはタイトルをつけられるアルバムを公開しました、Sweet Singles Album、どちらがオーストラリアとニュージーランドでリリースされるだけでしたか。*1 このLPは、ヒットシングル「ダンス場Blitz」、「10代のRampage」、「超大作」と「地獄Raiser」を含むハードロックB面シングル記録を特徴としました。
  1. →RCAからから"The Sweet Singles Album"というタイトルのアルバムがオーストラリアとニュージーランドだけでリリースされた。



14/23
In 1975, Sweet's first self-written and produced single, "Fox on the Run", was released worldwide and instantly became their biggest selling hit, reaching number one in several countries.

1975年に、Sweetの最初の自己書面にして生じられた*1シングル(「Runのフォックス」)は世界中でリリースされて、すぐに彼らの最大の売却ヒットになりました。そして、いくつかの国でナンバーワンに達しました。
  1. →自ら作曲しプロデュースした



15/23
During 1976, Sweet attempted to gain popularity in America by promoting their Give Us A Wink album with a heavy schedule of more than fifty concert dates. During one appearance, Sweet played All Right Now with Ritchie Blackmore in a tribute to mark the death of Free guitarist Paul Kossoff.

1976年の間に、Sweetは50以上のコンサート日付の大変な予定で彼らのGive Us A Winkアルバムをプロモートすることによってアメリカに好評を博しようとしました。1つの出演の間、SweetはFreeギタリストポールKossoffの死を記録するために、賛辞でリッチーブラックモアとAll Right Nowをしました。*1
  1. →Sweetはある公演でFreeのギタリストPaul Kossoffの追悼のためにRitchie Blackmoreと「All Right Now」を競演しました。




16/23
The 1976 and 1977 years featured Sweet as an album oriented pop-metal act. Albums such as Give Us a Wink and Off the Record were undoubtedly Sweet's heaviest studio albums. Indeed, Sweet's 1976 top twenty hit, "Action", was the group's hardest rocking hit single.

アルバムがポップ-金属行為を正しい位置に置いたので、1976て1977年はSweetを特徴としました。*1 Give UsのようなアルバムWink、そして、Recordが疑う余地なくそうであったOff Sweetの最も重いスタジオアルバム。*2本当に、Sweetの1976のトップ20ヒット(「行動」)は、グループの最も堅い揺れるヒットシングルでした。
  1. 1976年に『Give Us A Wink(甘い誘惑)』1977年に『Off The Record(明日なき青春)』がリリースされている。
    →1976年と1977年はスイートがポップ・メタルの方向に向かったアルバムがリリースされた年だった。
  2. →『Give Us A Wink(甘い誘惑)』と『Off The Record(明日なき青春)』といったアルバムは疑いもなくスイートの最もヘヴィーなスタジオ・アルバムだ。



17/23
Sweet split from RCA in late 1977. The first album for new label Polydor, Level Headed, found Sweet experimenting by combining rock and classical music, an approach similar to U.K. band ELO. Sweet undertook a successful British tour in early 1978. "Love Is Like Oxygen" was their last U.K. top ten hit in 1978.

甘い物は、1977年後半にRCAから割れました。新しいラベルポリドール(Level Headed)のための最初のアルバムは、Sweetが岩とクラシック音楽(U.K.バンドELOと類似のアプローチ)を結合することによって実験しているのを発見しました。甘い物は、1978年前半に成功した英国の旅行を行いました。「Is Like Oxygenが好きです」、彼らの最後のU.K.トップ10は、1978年に打たれました。


18/23
In February 1979, Brian Connolly left the band under acrimonious circumstances, and neither he nor the band fully recovered. Brian was particularly suffering from the effects of substantial alcohol intake. He also suffered cardiac arrests at the height of his excess.

1979年2月に、ブライアンコナリーはとげとげしい状況の下にバンドを去りました、そして、彼もバンドも完全には回復しませんでした。ブライアンは、特に相当なアルコールの摂取の影響で苦しんでいました。彼も、彼の過剰の頂点に心停止で苦しみました。*1
  1. 心停止?したけど奇跡的に助かったのかな???わからない…(汗)



19/23
Before Brian Connolly announced his departure in February 1979, his vocals were erased from the recorded material for the ensuing Cut Above The Rest album, and Sweet continued on as a trio, with Scott and Priest now both handling lead vocals. Keyboard player Gary Moberley completed the four-piece line-up. Three more studio albums were recorded between 1979 and 1982, the year in which Sweet disbanded.

ブライアンコナリーが1979年2月に彼の出発を知らせる前に、彼のボーカルは引き続いて起こるCut Above The Restアルバムのための記録された材料から消されました、そして、リードするボーカルを取り扱って、スコットと現在両方ともPriest、Sweetはトリオとして続きました。*1キーボード奏者ゲイリーMoberleyは、4-部分ラインアップを完了しました。もう3曲のスタジオアルバムは、1979と1982の間で(Sweetが解散した年)録音されました。
  1. ブライアン・コノリーが1979年2月に脱退を表明する前に、彼のボーカルは次のアルバム『Cut Above The Rest』のために録音されたマテリアルから削除され、Sweetはスコット、プリーストの2人がボーカルを務め、Sweetは3人のグループとして続けられた。



20/23
In 1988, Connolly, Scott, Priest, and Tucker briefly reformed to record music for the first time in seven years. Some reworked studio versions of "Action" and "Ballroom Blitz" were recorded in Los Angeles. During the same year, "Blockbuster" was sampled by The Timelords (later The KLF) as part of their number one single, Doctorin' the Tardis. The track also featured samples of Gary Glitter's Rock And Roll (Part 1) and the Doctor Who theme, and reached number one in the UK charts on June 12.

1988年に、コナリー、スコット、Priestとタッカーは、7年で初めて音楽を録音するために、短く更生しました。「行動」と「ダンス場Blitz」の若干の手を入れられたスタジオバージョンは、ロサンゼルスで記録されました。同じ年の間に、「超大作」が彼らの一番のシングルの一部としてTimelords(後でKLF)によってサンプルをとられたこと、Doctorin' Tardis.トラックもゲイリーグリターのロックAnd Roll(パート1)*1 とドクターフーテーマのサンプルを特徴として、6月12日に英国チャートでナンバーワンに達しました。
  1. あらまぁ、知らなかった…(笑)。



21/23
In 1990, all four members were again re-united for the promotion of a video, titled Sweet's Ballroom Blitz. This UK release, which contained UK television performances from the 1970s, including current-day interviews, was released at Tower Records, London. In 1993 Def Leppard released a successful cover version of Action.

1990年に、全4人のメンバーはビデオの昇進のために再び再会しました。そして、SweetのBallroom Blitzというタイトルでした。この英国リリース(それは1970年代から英国テレビ性能を含みました)は、現在のインタビューを含んで、タワーレコード(ロンドン)でリリースされました。1993年に、デフレパードはActionの成功したカバーバージョンをリリースしました。


22/23
Brian Connolly died from liver failure in 1997, aged 52, having been content in his final years to appear in retrospective documentaries to demonstrate the damage he had inflicted upon himself. Mick Tucker died in 2002 from leukaemia, aged 54.

ブライアンコナリーは1997(52歳の)年に肝不全で死にました。そして、彼が彼自身に課した損害を示すために遡及的なドキュメンタリーに出演する彼の最後の年の内容でした。*1ミックタッカーは、白血病(54歳の)から、2002に死にました。
  1. ドキュメンタリーで病状について明確に公表したのか、それとも映像から病状が見て取れることを指しているのかがわからないので、ちょっとここは訳しにくいです。
    →ブライアン・コノリーは1997年に享年52歳で肝不全で亡くなった。晩年に出演した回顧的なドキュメンタリーで彼の容態がどの程度のものだったのか計り知ることができる。




23/23
Sweet's two remaining members are still active in the music industry. Andy Scott currently continues to tour with Andy Scott's Sweet, while Steve Priest is now a session musician in Los Angeles.

甘い物の2人の残りのメンバーは、音楽業界でまだ活発です。スティーヴPriestが現在ロサンゼルスのセッション音楽家である間、アンディスコットはアンディスコットのSweetで現在旅行へと延びています。*1
  1. Sweetは現在も活動しています!!!
    →アンディ・スコットは現在アンディ・スコットのSweetとツアーを続け。スティーヴ・プリーストはロサンゼルスでスタジオ・ミュージシャンとして活動を続けています。



*あとがき
ブライアン・コノリーとミック・タッカーは亡くなりましたが、Sweetの残した名曲の数々は30年以上を経た今もなお私たちの心の中に生き続け、今もなお色あせることのない輝きを放っています。Sweetは、永遠です(涙)。
…非情にもSweet強化月間は本記事をもって終了しますが(笑)、これからもSweetをよろぴくです☆
£ονё゚:。(*-ω-)-ω-*)。:゚£ονё
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2005-12-31 23:33 | 音楽