小樽観光 その1(お店特集)   

2006年 06月 14日
友達へのプレゼントを探しに運河近辺のお店に行ってきた。
この界隈にはほとんど来ないので、見るものすべてが目新しい。こ、これは、楽しいっ!楽しいっ!
売っているものはガラス製品や水産物が中心なんだけど、他にもいい香りのアロマオイルやロウソクを扱うお店とか、ハンドメイドのアクセサリーとか、なんだかオシャレなお店がい~っぱいある!ビックリ!他にも手作りの工芸品を扱っているお店もあった。ちょうど友達の出産祝いに安全でナチュナルなおもちゃを探していたところで、やっぱりイタリア製とかじゃなきゃ、なかなかいいのがないなぁ~、なんて思っていたら、こんなところに、あった。灯台下暗し!手作りと木のぬくもりが感じられるおもちゃに、ひとめぼれ。ガラガラの中身がクルミだったりする!たまらなくカワイイ!
それにしても、この辺は私が「北○硝子」でバイトしていた頃は、こんなにオシャレじゃなかったのになぁ。いやぁ、これは来るだけで楽しい。観光で金銭感覚が狂ってなきゃ買えないお値段のモノがいっぱいあるけど(涙)、でも楽しい、見るだけでも充分に楽しい!

e0063317_12554368.jpge0063317_1256842.jpg
この、冬に雪の重みでつぶれそうになってた建物(失礼)は、「大正硝子館」というオシャレな硝子細工を扱っているお店だった。
オリジナル製品の割にはリーズナブルでかわいいグラスがあったので、ここでペアのグラスをゲット。ちなみに右の写真に写ってるのは、私の愛チャリ( ̄ー ̄; ママチャリじゃないよ、シティ~・サイクルだよ...

e0063317_1382845.jpg

上の大正硝子館から川を挟んで向かい側にあるお店。ツタがからまった建物って、暗くてオバケ屋敷としか思えないのがフツウなのに、ココは全然違う。どうしてだろう、とにかくオシャレすぎ!店内はそれこそオシャレなキャンドルやアロマオイルが並んでいて、オトナちっくなBGMがかかってて、スペシャルにいい香りがして、もう、本当にステキ。うっとり。これは観光客でなくても欲しくなる~。ついつい、自分のおみやげにいい香りのするキャンドルを買ってしまった。

e0063317_132345100.jpgここは小樽の老舗のお菓子屋さんの「花月堂」。
きれいな和菓子は見るだけでも楽しいし、洋菓子もおいしい。
高校生の頃、このお菓子屋さんの工場でバイトをしたことがある。カステラの余った切れ端とか、和菓子の切り抜いた後とか、おじさんたちがいっぱいお菓子をくれるので、1週間で3キロくらい太った覚えが...。


e0063317_13374812.jpg昆布の専門店。
「お父さん預ります」の看板を掲げている。「七日食べたら鏡をご覧」はともかく、昆布のパッケージには「これを食べれば誰もが楊貴妃になれます」とも書かれている。そうか、陽気な妃になれるのか...(寒)。ワケわからん。そうか、ワケワカメなのか...(違)。
と、ともかく、店先に売ってる珍味がおみやげによさげだったので、中に入ったら、おじさんに捕まってしまった。休んでいきなさいと声をかけられ座らされ、昆布茶とお味噌汁を振舞っていただいた。いや、そしたら、それがもう、昆布のダシがスバラしくあなどれないくらい、おいしかった。小樽に来たら、ぜひとも、ここでお父さんを預かってもらおう!楊貴妃になれるしね!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2006-06-14 13:13 | 風景