WWRU2感想文   

2006年 08月 02日
e0063317_11223042.jpg2006年7月29日(土)、もはや説明不要の[WWRU2]に参加した。

まずは、今回もお世話になった方々に心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
セッションに参加したのは、これで3回目。参加すればするほど、参加する楽しさ、演奏する楽しさが増していく。こんな贅沢な遊びに参加できるなんて、私はなんてしあわせなんだろう~。感謝☆感激。

今回もいろいろなことがあって、起きたこと、感じたこと、思ったこと、そんなことをただ書き留めていったら、てんでまとまらなくなってしまった。仕方がないので、箇条書きの感想文のまま、アップすることにします。とゆーか、またもやネタバレ的なものになってしまうけれど、ま、これはレポというより主観的な感想文ということで、ご了承ください。


◎スタジオ入り&リハーサル
●Qweetの秘密練習のため、朝一でスタジオに入る。オーナーたんに久しぶりに出会えて、嬉しかった!なのに出会って最初の会話がスタジオのあるデパートの開店時刻の文句だった。まずは再会を喜んでよ~(笑)。>オーナーたん
●いったん解散してから、会場に向かう。その途中でアデリーペンギンさんと鉢合わせて、一気にボルテージが高まった!
●会場のらぐたいむは小粋なマスターのご好意で15時から開けてもらい、たっぷり4時間もリハーサルに時間をとらせていただいた。らぐたいむに着くと、小粋なマスターが15時のこの時点で、すでにヘロヘロだったのは気のせいか...。
●らぐたいむには、当たり前のように、はじめたんやjunグリ兄たんがいた。不思議、不思議。音楽に、国境はないんだなぁ...しみじみ...(違)。
●初めてロジャバリン姉さん、メリーさん、リロイKちゃんの京都美女トリオにお会いできて、大感激。キャピキャピ度、高すぎ!ドロたん18歳、無念の敗北(T^T)...
●サイコキのメンバーが、たんまらなくカワイイ!アルバムもいただいて、早速、聴かせてもらいました!とにかく、カワイイーーー!!!あんまりにかわいすぎて、嬉しくなっちゃった。
●少し遅れてリハに入ってきた「まっつん&のむりん夫婦」。のむりんが、ますますキレイになっていた。(羨ましすぎて泣けた...。ジャンケンで勝ったのに...。)


◎セッション本番
●WWRU名物、「WWRY fast」でWWRU幕開け。今回は本編までの参加となってしまったかわけんさんによる渾身のギター!これだけでも、完全燃焼されたはず!次回はぜひ、QladeでもヨロピQlade☆
●「Killer Queen」でご一緒したさくさん。さくさんがドラムを叩いてる姿って、ホントにカッコいい。あまりお話できなかったけれど、昔からの顔なじみのような気がしてしまうほど、気さくでフレンドリーなお兄ちゃん。写真も撮っていただいて、ありがとうございました( ̄ー ̄♪
ギターの佐藤様☆とも競演できて、嬉しかった~♪
●京都三大美女パワーに支えられて、「Liar」のボーカルではじめたんが会場のテンションを異様に高める。(京都芸能は見られなくて、残念...)
ここで、junグリ兄たんがベースを弾いてるのを初めてみた。本業のお姿は、やっぱりいちばんカッコいい~。はかせのギターにオーナーたんのドラム。贅沢なメンバーだー!
ちなみに、オーナーたんはあまりのキュートさに、この頃から道Q女の子チームみんなのアイドルと化してしまった...オーナーたんは、ドロたんのものだったハズなのに...(寂)
●TOMさんによる「Last Horizon」。私はQ+Pコンサートに4回行って、そのうちの3回目の「Last Horizon」で寝てしまったという不届き者デス。けど、あの時のうたたねの気持ちよかったこと。クイーンファンとして最高の贅沢だった。まさに恍惚そのものだった。TOMさんのギターを聴いていて、その時の恍惚感が、まざまざと蘇ってきて、感動に思わず涙ぐんじゃうとこだった。危ない危ない、泣いちゃったら、つけ睫毛がとれちゃう。
●ヨーコちゃんのドラムは本当にカッコいい。どうしてあんなパンチ効いた大きい音が出るんだろう?
●Linちゃんのボーカルはやっぱりカワイイ!あんなキュートな声で「I Was Born To Love You~♪」歌われたら、はかせじゃなくたって、デレデレになっちゃうよ~。
●「Hammer To Fall」ではmasaくんがアクセル・ローズ的な身軽なパフォーマンスを見せつけてくれた。アドリブ効かせてMC入れて時間も稼いで、「エェェェ~ロ(○ォォォ~ム)」(笑)もバッチリ決めてた。スゴい!来年は関東に就職が決まったそうです。おめでとうございます!でも、来年のWWRUにはきっと遠征してきてね!
●「Love Of My Life」はイックさんのピアノとTOMさんのボーカル。ライブバージョンでキーが違うので、イックさんが楽譜を全部書きなおして挑むことに。さすがのイックさんのピアノに、誰もがうっとり。実は私もこっそり、これ弾きたい...と思ってたけど、ヘタなこと言わなくて良かった(笑)。
●「Play The Game」はいちばんダイナミックに弾きたい曲だった。のに、集中力が途切れて、ボロボロだった(涙)。ごめんなさい...。だって、はかせが見つめるから...(-ω-*)


◎アフターセッション
●今回、お初のonchabaちゃん。写真撮影の合間に率先して会場を盛り上げて、さらに「迷信」では巨乳&アフロ姿で登場。巨乳に負けないパワフルなボーカルが、カッコいい。はかせ&TOMさんにはじめたんにアデリーさんのキーボードが入って、セッションが繰り広げられる。う~ん、グルーヴィー!
●「Qweet」、前回ははじめたんに支えられたけど、今回はオーナーたんに支えられた。こんな強力なメンバーが参加してくれるバンドなのだ!ただおもしろがって勝手にバンド名をつけたことから始動したバンドだけど、1回や2回で終わらせるのは、あまりにも、もったいのうございます。もっと場数を踏んで、どんどんいい方向に変わっていきたいとおもう。アフターセッション名物になれたらいいなぁ。迷惑でなければ(笑)。ね!>くりねーたん&Qweetメンバー
●「Qlade」は、残念ながらベースのさもたんが不参加となってしまい、当日までベースが決まらない状態だった。もう不可能だろうと、誰からも思われていた。前日にjazzたんに相談したら「正直言ってムリだ」と断言され、相当のショックを受けつつも諦めようとしていた。ところがリハの時点で、はかせがはじめたんにお願いしてくれたところ、はじめたんが、即答で快諾してくれた。こうして、「Cum On Feel The Noize」は奇跡的に実現できた。
これはピアノのパートがない曲で、そこに自分でアレンジして音を入れるというのは、私にとって初めての試みだった。演奏前に練習していたら、junグリ兄たんにグー!サインを出してもらったのが、やたら嬉しかった!junグリ兄たん(ドラム)、はじめたん(ベース)、シゲさん(ギター)というベテラン勢に支えられて、さもたんに届くように、一生懸命がんばった。感無量でございます。本当に、ありがとうございました!
●「異邦人」はもう、無性に楽しかった!Queen、Qweet&Qladeのプレッシャーからすべて解放されて、肩の力を抜いてピアノが弾けた。junグリ兄たんのシンセ、オーナーたんのドラム、はじめたんのベース、はかせのギター、こんなメンバーだもの、安心しきって演奏できる。
このピアノはけっこう忙しくて、よそ見をしてるヒマがない。後ろで何が起きてるのかわからないけど、まっつんが歌ってる。観客が歌いだす。イックさんが歌ってる。1番を終えて2番はファンキーに。「ファンキーに行こうって言ってたじゃないかぁ~!」というはかせの発言に始まったファンキーな「異邦人」。でも、ファンキーに行こうと決めたのは「異邦人」じゃなくて「迷信」では...。とは思ったけど、、、ナイショにしておいて良かった(笑)。これが、楽しくないハズがない!久保田早紀ちゃんもビックリだな!


◎番外編
●最初は固まってたけど、社交辞令であえてセクハラ発言してくる緑の人に、免疫がついてきた。(ドロたんも大人になったもんだ。)
●キューティーくりねーの谷間が驚くほど深い、という驚愕の事実(?)を知った。あんなに細いのに...。おもむろに深い渓谷を見せ付けられて、あんまりにビックリして笑いすぎて、おなかがよじれて死んじゃうかと思った。盲腸の手術後じゃなくて、よかった。。。
●演奏を終えた兄ちゃんたちが、入れ替わり立ち替わり後ろの席に座りたがる。なぜだ、、、?と思いきや、その席は美女レベルが高く、いちばんの特等席だったらしい。その席に座れなかったドロたんって...。がんばってつけ睫毛つけたのに...意味もなく露出度もパワーアップしといたのに...(ノω・、)...。こうなったら、次は全身金ラメで勝負してやるー!!!(嘘
●Qladeのボーカル&ギター、シゲさんにお手製のミラーハットをかぶってもらおうと思ったのに、サイズが合わなくて入らなかった(悔)。帽子職人として、修行が足らんことを思い知らされた。
●私のピアノは、楽譜を一生懸命見ながらバイエルを練習している子どもと大差ないプレイをしていることに、改めて気が付いた。もっとのびのび弾けるようになりたいとおもう。リズム感もつけなきゃ、指の力もつけなきゃ、すぐにパニクらないようにしなきゃ、バイエルからやりなおさなきゃ...課題はいっぱいだ!がんばる!


さ~て、次のセッションは...10月かなー?
どうか、これからもよろしくお願いします!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2006-08-02 18:40 | セッション&バンド