「ドロデコ☆ベース」公開。   

2006年 09月 25日

e0063317_1038415.jpg


ステージ衣装製作などで連日フル稼働の「オシャレ工房dorotan」より、今シーズン最新作が到着いたしました♪
いま、最もマブくてナウい「ドロデコ☆ベース」の完成です。カワイイでしょ☆

先日、ベースを貸してくれた師匠に会ったので何気なく聞いてみた。
ドロたん「やっぱグラムをやるからには、キラキラグリグリしてる必要があってぇ~~~、ベースも...」
師匠「...ン?あはは...いいよいいよ。ベースもしばらく使ってていいよ(笑)」
と、私の方がビックリするくらいサワヤカな笑顔つきの快諾をいただいた。さすがは師匠だ!
ついでに、左手の指が痛いことも言ってみた。先週の月曜日にベースを弾きすぎて、ずっと痛かった左手の第二関節がますます痛くなり、ほとんど力が入らなくなっていたのだ。すると、もっと柔らかい弦に張り替えたら?と言われた。おー、そっか、なるほど、そうゆう手があったのかぁ!

そんなわけで、ベースの練習はしばらくできなかったこともあって、ついついデコレートに夢中になってしまった。
しかしここまでやるとは、自分でも思わなかった…。これじゃギャル仕様の「デコ電」となんら変わりはナイ(笑)。ま、いっかぁ~。だって~、ドロたん、まだ18歳だもーん☆(早く大人になれよ...)
一応、こう見えてもホログラム・テープを貼ってあるだけなので、キレイにはがせるようにはしてあります。。。
この際だから、いちばん細い弦も買ってきて、張り替えてみた。弦の固さって、ビックリするくらい違うんだなぁ...。おかげでヘロヘロの左指でも、きちんと押さえられるようになったので、ひと安心。
ちなみに、弦を張り替えるにあたって一応サイズを測ってみたら、このベース、ショート・スケールだと言われていたのに、何度計ってもどう見ても、ちゃんとしたロング・スケールだった...。今まで小さなボディに惑わされていたらしい(笑)。

さて、こうして見事に変身を遂げたベースだけど、これ、ただ単にマブいだけではナイ。細部にいろいろと職人のコダワリがあるのだ!

☆こだわりその一「わかりやすい目盛り」
e0063317_10532228.jpgこのコントロール、非常~にわかりにくい。目盛りがついてないからどこが何なのか、サッパリわからない。しかも3つともてんでバラバラのあっちゃ目盛りだ。おまけにいちばん右側だけが逆回転なので、さらにワケがわからない。
こんなわかりにくいコントロールも、ドロたんの手にかかれば...

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e0063317_10551273.jpgホ~ラ、ご覧の通り。小さな赤い星をあわせたポイントがマックス。ちなみに、大きな☆の方向に回すとボリュームが下がる。
超イケてるネ☆



☆こだわりその二「フレットの★と音階シール」
e0063317_1131624.jpgいつまでたっても、5フレと7フレを間違えてしまうので...5と9は大きな★、3と7は小さな★で区別をつけた。
それと、いつまでたっても、音の場所がサッパリ覚えられない。しかも自分で何の音を出しているのかもわからずに弾いてると、どんどんフラストレーションがたまってくる。ピアノを弾いてる時はたいてい、頭の中でドレミで歌いながら弾いているのに、ベースだとそれができなくなるせいだ。そんなワケで、思い切ってカンニング・シールを貼った(爆)。これは予想を覆すほどオシャレで便利!
超ナウいネ☆



☆こだわりその三「ピック・ポケット」
e0063317_11124987.jpgデコベースにすると、こんなコワザも可能になった( ̄ー ̄v
ちなみにこのピックはちょっと意味がわからないご当地「国道5号線」ピック。だって、家の前に国道5号線が走ってるから~(だから何?)。
ついでにペグに☆もつけたし、☆ミラーもぶらさげてマス。
超マブいネ☆



e0063317_11165273.jpgもちろん、裏側も全面にホログラム☆テープを貼ってある。そしたらあら不思議、ボディの裏側が鏡としても使えるようになった。これで本番前に緊張がピークに達しても、ボディの裏側をながめて自分と向き合えば、精神統一できるに違いない(本当か?)。
ちなみに、これらのデコ用素材はすべて当然、100円ショップで揃えた。トータルで420円で仕上がってしまった。安っ!ビバ!100均!

Qweet出演イベント「Live Ezo」はいよいよ、、、今週末ですっ!!!
よろぴクイート(*ゝω・)ノ ☆
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2006-09-25 12:08 | セッション&バンド