カテゴリ:風景( 42 )   

東京再探訪シリーズ 第三回   

2009年 06月 10日
e0063317_14224119.jpg


「東京再探訪シリーズ 第一回目」
「東京再探訪シリーズ 第二回目」

なぜか東京の風景写真が集まったので、いきなりシリーズ第三回目にしてみました。
ということで、いつものように、自然を求めて東京散歩♪
なぜ田舎に住んでおきながら、あえて都会の東京に行ってまで、自然を求めるのか・・・わけがわかりません(笑
きっとね、北海道の森とは、宿っているパワーが違うの。
北海道の自然は勝手気まま、人間には目もくれずに悠然としている感じ。
一方、東京の自然のパワーは、人間を擁護しようとする意思が、感じられます。時には、人間の愚かさに心を痛めつつも、それでも護ってくれているような気がして。
そんな深い森の懐に、ゆったり抱かれたくなるのですよ(涙

e0063317_1425495.jpg
ここは・・・どこだっけ?「東京都庭園美術館」だったかな?

e0063317_14292912.jpg
「林試の森公園」にて。このケロケロ、ブロンズにしか見えないけど・・・ホンモノ?でも亀は、ホンモノだった!動いてた!かわいいよぅ!!!

e0063317_15142680.jpg
ここから先の写真はぜんぶ「明治神宮御苑」のもの。この地は格別にスバラしい。優しくて穏やかなパワーがみなぎっています。ビューティホー!!!

e0063317_14353338.jpg
こんな秘境のすぐ裏に、山手線が走ってるだなんて!!!

e0063317_1437028.jpg
これ見て~!絵本に出てくるような切り株、そのもの!木としての役目は終えたけれど、たくさんの命が楽しげに寄り集まってきて、切り株も嬉しそう。画像をクリックしてよく見ると、おっきい虫もいるよ~。きっと、きのこの下あたりに、こびともいるよ!

e0063317_150325.jpg
んまぁ!!!と、あまりの美しさに、驚嘆の声を上げてしまいました。ばっちりタイミングで、菖蒲の花盛り!!!


次回、上京するのは、いつになるかな~?
皆様、ありがとうございました!また遊んでね★
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2009-06-10 14:48 | 風景

小樽雪あかりの路   

2009年 02月 13日
毎年恒例、「小樽雪あかりの路」開催中☆
e0063317_14443847.jpg
小樽運河やその他の会場が、ろうそくの明かりで灯されます+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.
寒いなかシャッターを切るのって、大変~!いい写真がなかなか撮れないけど、雰囲気だけでも、どうぞ♡


e0063317_14523678.jpg
e0063317_14471096.jpg

e0063317_14535520.jpg
e0063317_14542852.jpg
e0063317_14545933.jpg

e0063317_15161896.jpg

[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2009-02-13 15:07 | 風景

東京散歩   

2009年 01月 14日
気がつけば1月も中盤に突入しておりますが、新年初投稿なので、御挨拶を。
皆様、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。ありがとうございました(_ _*)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、お正月気分も抜けぬまま、東京へ遊びに行ってまいりました☆

ただいま、札幌はこんな感じなので...
e0063317_11243197.jpg
e0063317_11263395.jpg
(でもね、一面が銀世界、なおかつバックがこんなにキレイな青空!というのは、住んでいても貴重な光景なのです。吹雪いて木や電線に降り積もった雪はすぐに落ちてしまうんだもの。)



東京の緑が、目にまぶしい!しかも真冬なのに、お花が咲いてました。すごいなぁ~
e0063317_1131590.jpg
キラキラ冬の陽射しを浴びて、お花が輝いていました。なんていうお花なのかな?

e0063317_11331981.jpg
プラスチックの造花みたいな、ちょっと変わった質感の可憐なお花。このお花、ほのかな香りがあって、お茶などでよく活けるのだとか。道行く人に教えていただいたのですが、お花の名前を失念・・・。ご存知の方、教えてください~。



e0063317_11372689.jpg
皇居一帯をお散歩。大手門から眺める東京タワー。


e0063317_1139442.jpg
大地に寝転がって、地球を抱きしめる。無心に太陽を仰ぎ見る。
こんなことしたの、何年ぶりだろう~?とっくに忘れていたとっても大事なこと、思い出させてくれました。


e0063317_11405453.jpg
e0063317_1518778.jpg
e0063317_1141346.jpg
東京には、空なんてないと思ってた。なのに、仰ぎ見れば、ちゃんと、ホラ、こんなに見事な青空が。
お空がないのではなくて、お空を仰ぎ見る余裕が、なかったのかもしれない。

e0063317_15213250.jpg
e0063317_11441458.jpg
後楽園にて。

e0063317_1144545.jpg
氷でできた女神に、夕陽の冠が・・・。

e0063317_1145303.jpg
まんまるお月様にお見送りしてもらって、東京を後に。


今回、お世話になった皆々様方、本当にありがとうございました。
色々と心残りがないわけではないのですが、なんだかんだ言ったところで、人はみんな、その状況でその人なりのベストをつくしているわけです。だから後悔しても意味がありません~。
とはいえ、後悔はしないけれど反省しておきたいところ。が、何をやらかしたのか、イマイチ記憶がナイ・・・。ま、いっか~。
・・・いんや、「ま、いっか~」と自分に言い聞かせている時というのは、「本当は良くないけど・・・」と内心では思ってるわけで、、、
ってことは、「ま、いっか~」と自分に言い聞かせる度に「自分はダメな人間だ」と、自分で自分を傷つけていることに、気付いてしまった(゚∀゚;)
モ~今年は「ま、いっか~」とは思わずに、たとえ誰に何を言われようが、「私がヨシとしたのだから、これでヨシ!」とします。ウシ年だし。ヨシヨシ。
はっはっは~<( ̄^ ̄;)>

万事オーライ!塞翁が馬★
L♡VE,
ドロたん
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2009-01-14 12:59 | 風景

日本列島縦断&ライブ紀行!!! 【後半戦】   

2008年 11月 27日
e0063317_10511998.jpg
【奈良県】さて、一夜明け、バスが到着した草津から、さらに、大移動・・・。
電車&バスを乗り継ぎ片道4時間もかけて、奈良県の山奥へ。なぜかそこまでしても、不思議と、無性に行きたくなってしまったのです、ココに。


e0063317_105246100.jpg
ここは、どこ???絵に描いたような「田舎」の風景。心のお洗濯日和。
このすぐ側の温泉に浸って、身も心もぴかぴかドロたんに、変身♡


e0063317_10533826.jpg日本の車窓から。何気なくひょいと撮った写真でもこんなに美しいのは、やっぱり私の心が美しいから?(●′艸`●)ふふふ(←おだてられなくても木に登れます)



e0063317_13452642.jpg

【京都】ようやく京の都に着いたのはライブ開始時刻の17時を少々、回っておりました。大急ぎで、「ライブスポットRAG」へ。
今までどうして、行ったことがなかったんだろ???そりゃあもう、楽しいの何の。しかも、観るだけって、何てお気楽な娯楽なのかしら(笑
なんと言っても、いちばん嬉しかったのは、大好きな人たちに、いーっぱい、出会えたこと!!!みんな大好き~♡
今回もい~っぱい、お世話になりました。幸せ~♪♬ ありがとうございましたー!!!
そして、今回は念願かなって、ずぅーーーーーっとお会いしたくてしょうがなかったYKさんにお会いできたの~。嬉しかったぁ!思ったとおり、いや、思っていた以上にステキなお姉様で、ぎゅう~♡とかチュ~☆とか、してもらっちゃったーヾ(*´∀`*)ノ うらやましいでしょ?( ̄ー ̄フフン

それでもって、その後は緑旅館にお泊りさせていただきました。jun兄、今回もいっぱいお世話になりました★
何よりも楽しい、このひととき。これがなきゃ終わらないの。
ドロたん、どんすとっぴーnow!!!胸キュン炸裂♡ ・:゚*.:・。(o♥Д♥)ノ゛.:*゚・;*: 
詳しくは書けませんが、やりすぎました・・・。お見苦しいところを・・・。反省。
ま、とりあえず、旅の恥は、か・き・す・て★

さて、一夜明け、爆睡しているjun兄たんに、ご挨拶もできないまま名残惜しく緑旅館を後に。
おじちゃん、ごめんね。でも起きてドロたんいなくても、寂しくなかったっしょ?代わりにプーさんに添い寝しといてもらったから★ 堪忍してね~。
おててが早く治るように、お祈りしています。


e0063317_1117338.jpge0063317_11174384.jpg
ロジャバリンねぃさまに「蹴上」まで車で乗せてもらいました。ありがとうございました♡
降りた先は、艶やかな京の都の紅葉・・・。しとしと振り出した霧雨がまた見事なまでに美しく紅葉に彩を添えておりました。
時間も迫ってきているので、紅葉狩りもそこそこに、次なる目的地へ。


e0063317_11231047.jpg
【三重県・伊勢市】またもや来てしまった、伊勢神宮。8月の名古屋セッション時に行って、すっかり魅了されてしまったのです。
伊勢市に着いてみると、どしゃ降り。浄化の雨だなぁ・・・。草木も大喜び。
日本縦断旅行の締めくくりは、日本一の神社、伊勢神宮で、浄化の雨の洗礼を受けてしまいました。私ってば、超ラッキ~★
雨のなかを歩くと、雑念や邪念をキレイに洗い流してもらえるから、心がキレイになります。とはいっても、私のことだから、あっという間に、また汚れちゃうけど・・・

神社って、すばらしい。
私は無宗教なので興味がなかったけど、そういうところには、ちゃんと神様がいてくれること、どうしても、否定できなくなってしまいました。
いや、神様は神社にいるというより、むしろ、神様は常に自分のなかにいて、いつでも、ハートのなかから、見守ってくれています。そのこと思い出させてくれるのが、神社なのだそうです。
神様というのは、人格のようなものを持ち人間のような姿形をした存在、という意味ではないんです。「神」や「仏」という言葉を「愛」や「感謝」という言葉に置き換えてみてください。同じ事を意味しています。

よく、神社には鏡が置かれているそうですが、それは「かがみ」に写った自分の姿から「が」を取ると、「かみ」になるから、という意味なのだそうです。つまり「人から自我をとると、神になる」のです。
日本語って、スゴい!

幸せに満ちあふれて、ハートがふわっと暖かくなった時、それが、自分のなかの神様が、祝福してくれている証拠です。
大好きな人に出会えた時、人の笑顔にふれた時、優しさにふれた時、いとおしいものにふれた時、自然の美しさに感激した時。生まれてきて、よかった!!!そんな風に、生きる喜びを実感している時。
そんな時こそ、人は我を忘れて、神様とひとつになっている瞬間です。

どんな人も、みんな、平等な神様です。物質的には不平等に見えるけれど、本質的には平等な神様です。
人は、自我の個性によって、いい人に見える人もいれば、悪い人に見える人もいたりするけど、本質的にはみんな、何ひとつ変わりはなくて、誰もがみんな、生きとし生けるものすべてが、神聖さを携えた、美しい神様なんです。

・・・と、いうことで、最近ねぇ、私、年とったせいか、恐ろしく洗脳臭いこと言い出すようになりました。ま、この際だから、言わせといて(汗)。誰よりも、自分に言い聞かせなきゃなんなくて・・・(汗

今回の旅では、人間のフリした神様に、いーっぱい、出会えました( ̄ー ̄♪
神様な皆様、ありがとうございました♡
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-11-27 13:34 | 風景

日本列島縦断&ライブ紀行!!! 【前半戦】   

2008年 11月 26日
e0063317_1351298.jpg
【北海道】家の裏の線路に降り積もる雪。出発地は真冬の北海道でございました。


e0063317_1352435.jpgうっかり枯れそびれたバラの花に、容赦なく雪が降り積もっています。



e0063317_13593091.jpg
【千葉県】真冬の地から、メルヘンの地へと、ひとっとび!超スペクタクル&ゴージャスな夕焼けショー、開催中!

e0063317_1412524.jpgこの、ねずみリゾート地には、「シルク・ドゥ・ソレイユ」を観に行ったの。あの人たち、人間じゃなかったよ?たぶん、ニンフとか、ゴブリンとかの種族だとおもう・・・。



e0063317_14145672.jpg
【東京都】翌日。次なる目的地は、ココ。東京タワーに追いつけ追い越せと、周囲の木々が、東京タワー色に染まり始めていました。
展望台まで、階段で登ったの~!長年の夢だったんだ~(笑)。東京は意外と寒かったけど、展望台にたどり着いた時には、汗だく(汗)、膝がくがく(涙)。

e0063317_1704092.jpge0063317_14382110.jpg
展望台からの眺めは、どうも物足りなかった・・・。六本木ヒルズの展望台から東京タワーを眺めた時は、大興奮だったのに。そうか。東京タワーからは、東京タワーが見えないからだ(笑)。
東京タワー、大好きなんだもん。東京に住んでいた頃、職場で色々とツラくて、屋上でひとり泣いてたあの時も、東京タワーはずっと見守ってくれてたから・・・。ノスタルジー★



【東京都・四谷】この後、FLASH!のライブ観戦!!!
スゴかった!いやぁ~、違うわっ、音が、違うわ!!!スゴかった!カッコよかった!楽しかった~!!!あっという間だった~(涙)。ライブ写真、1枚も撮ってなかった~(滝汗)。
特に、mayuさんの衣装が、スんバラしかったぁ~~~(-ω-*)うっとり(みどころが違うような気もするけど、いちお、私もコスフレーヤーなので、ご容赦いただければ(笑

そこで、いつもお世話になってる関東勢の皆様にご対面~♡うれしくってー、いやがおうにもテンションあがりまくり♪♬
e0063317_15332494.jpgホントはご挨拶をかねて皆様にメールで写真添付して送るべきとこですが、ここに勝手に載せさせてもらってご挨拶とさせてください。ごめんね。
ということで、この場でお礼をば。ソルたん、t-sakamotoさん、hoyabeeさん、mayuさん、Sweetさん、いまちゃん、タラちゃん、りんじぃ君、さつきちゃん、ケンシロウさん、hanayoさん、DADAさん、ニセ市長、カエル☆ケロちゃん、mariちゃん、えーと、他にもご挨拶したのにお名前を失念してしまった方もいて、ごめんなさい。とにかく、皆様、ありがとうございましたー!
ここで、なんと、ニセ市長と涙の初対面!感激もひとしお。そのお人柄、お噂ではかねがね伺っておりましたが、まさかここまで温和で柔和なお方だとは。。。よーく知ってるのに、見たことのない顔・・・。という不思議現象を経験しました。ニセ市長、また遊んでネ☆
e0063317_15465638.jpgもうお一方、カエル☆ケロちゃんという方に、思いがけずお会いできることに。NHKに出演されていた有名人ですので、皆様、ご存知かと(笑)。
不思議なことに、あらゆる嗜好があまりにも酷似しすぎているのです、ケロちゃんと私って。ツインソウルなんだわ~、きっと。
欲を言えば、私、そろそろ異性のツインソウルにも出会いたいお年頃でございます(涙)。

さてさて、FLASH!ライブの興奮も覚めやらぬまま、新宿23:50発の夜行バスで、一路、草津へ。(京都どまりのバスがなかった。)
酔うんじゃないか眠れないんじゃないか隣がヘンなおじさんだったらどうしよう、トイレないし、などなど、不安まみれだったけど、ゴージャスなリクライニングシートで、快適な旅だった~!

さて、その後、早朝の草津から、なぜか、とんでもなく山奥の秘境の地へと、旅は続くのです。
後半戦へと、つづく・・・。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-11-26 16:49 | 風景

札幌観光オススメスポット   

2008年 08月 26日
WWRUにあわせて札幌観光にいらっしゃる皆様、サッポロへようこそ!
ということで、札幌、市街地周辺の観光スポットをダイジェストでお送りします。札幌観光の参考にしていただければ。
札幌にお越しいただけない方にも、観光気分を味わっていただければ幸いです。


「時計台」
e0063317_1530068.jpg
ビルに囲まれた、こじんまりとした佇まいのノスタルジックな建物です。

感動指数★☆☆☆☆
撮影スポット度★★★★☆
癒され指数★☆☆☆☆


「北海道庁」
e0063317_15353869.jpg
赤れんがと呼ばれ親しまれている北海道庁、旧庁舎。


e0063317_15385266.jpg
これは裏側から眺めた赤れんが。煙突がいい味出してます。
e0063317_153926100.jpg
ひっそりと、こんなお庭もあって、都会のオアシスになっています。



感動指数★★☆☆☆
撮影スポット度★★★★☆
癒され指数★★★☆☆


「北大植物園」

北海道庁の裏手にある植物園。初めて行ってみたんだけど、あまりにも緑が深くて、ビックリ!都会のオアシスどころじゃありません。一歩間違えたら、遭難します。クマ(の剥製)もいたし(危)。絶滅してしまったエゾオオカミも、いました(悲)。

e0063317_16324010.jpg


e0063317_1543730.jpg
こんなに美しい芝生、初めてみた!

e0063317_15433486.jpge0063317_15435992.jpg
e0063317_15442635.jpge0063317_15445140.jpg

北海道では、かろうじて、まだ紫陽花もバラも咲いています。

e0063317_15545819.jpg

歴史的建造物を利用した、こじまんまりとした博物館があって、クマが待ち構えてます...

感動指数★★★☆☆
撮影スポット度★★☆☆☆
癒され指数★★★★★


「中島公園」
すすきのからすぐのところにある公園。
e0063317_1694484.jpg


e0063317_16101463.jpg

こんなにも彩り美しい歴史的建造物「豊平館」もあります。

感動指数★★★☆☆
撮影スポット度★★☆☆☆
癒され指数★★★★☆


「もいわ山」
寒い!屋外展望台は、極寒。「わー、宝石箱ひっくりかえしたみた~い♥」なんて、言ってる場合じゃないくらい、寒かった…。でも、、、やっぱり、キレイ!
e0063317_1601176.jpg
日没直後の頃。テレビ塔が見えます。
e0063317_1603839.jpg
すっかり日も暮れると、こんな感じに。(夜景を撮るのは、難しい・・・)

感動指数★★★★☆
撮影スポット度★★★★☆
癒され指数★★★☆☆


それでは皆様、札幌でお待ちしてまーす!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-08-26 16:14 | 風景

真夏の伊勢参り   

2008年 08月 08日
*写真をクリックすると、もう少し大きな画像になります~


せっかく名古屋まで行ったのだからと、、伊勢神宮まで、行って参りました。

ちょっとその前に、手前の桑名駅の「なばなの里」へ。

e0063317_9335528.jpg
ぎゃぼーーー!!!すごいのなんの、ここ、お花パラダイス!!!



e0063317_9353673.jpgでも、この猛暑、屋外に咲くお花には少々、酷だったみたい。それでも、枯れそうになりながらも、可憐に咲き誇ってくれていたバラの花。美しい花にはトゲがある、というよりは、弱いお花だからこそ、懸命にトゲを生やして、身を守ってる。まるで、私を見てるようだわ...(は?




e0063317_9403713.jpg
湖面に映し出された夕暮れ。



写真は撮れなかったけど、この「なばなの里」のすぐ横の大きな川岸は、すごかった!
行ったときはすでに日暮れすぎて手遅れだったけど、もっと早くに行って、誰もいない時ねらって、夕陽に向かって「青春のバカヤローーー!!!」叫んでおきたかったー。また行こうっと!



e0063317_9502244.jpg桑名駅に戻ると、ちょうどお祭りをやっていた。「日本一やかましい祭り」なのだそう。うまく撮れなかったけど、雰囲気は、伝わるかな~?こういう雰囲気って、北海道のお祭りには感じられない。
独特のドラの音と太鼓の響きが、とても不思議な雰囲気を醸し出していた。





最終日、いよいよ、伊勢神宮へ。
e0063317_9592986.jpg
まずはこちら、豊受大神宮(下宮)からお参りするのが、慣わしなのだそう。


e0063317_1052552.jpg


e0063317_1010097.jpg
外宮一帯は、すべてがあまりにも美しかった。
自分でも何だかわからないけど、ひたすら泣いちゃった。。。



そこからバスに乗って、少し離れた皇大神宮(内宮)へ。

e0063317_10144052.jpg
よく見ると、鵜のような鳥が、羽を広げています。
羽を乾かしてるようにみせて、実は「みてー!キレイでしょ~?」誇示しているのです。

e0063317_10184636.jpg
すべてが完璧に計算し尽くされた風景。
そういえば、この世はリアルなジオラマ、マトリックスの世界だったっけー。


ここで、カメラが壊れたーーー。
カメラね、壊れるみたい、パワフルすぎる場所に行くと・・・。
というか、私の雑念が、多すぎたのかもしれないなぁ。精神状態が不安定すぎると、機械って、壊れたりするから・・・。
内宮をひとまわりして、鳥居をくぐって神宮を離れたら、カメラ、ちゃんと直りました( ̄ー ̄;


ともかく、おかげさまで、少しは穏やかな心持ちになれたことを感謝しつつ、この地を後に。伊勢市から津市へ移動して、フェリーに乗って、空港まで。
空港では大きな美しい太陽に、お見送りしていただきました。
e0063317_10231363.jpg


この夕陽を浴びながら、空港内の温泉に入ったの~。最高に気持ちよかった!
おいしいものもいっぱい食べた!
美しい自然もいっぱい目にできた!
そして何よりも、いちばん嬉しかったのは、たくさんの大好きな人たちに、めぐりあえたこと。
は~、贅沢だったな~
楽しかったな~
旅って、いいな~

私は引きこもりがちなので、こんな機会でもなければ、奮起して旅に出ることもないのです。
こうした機会を与えてくださった方々に、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました!
きっと、また行きます!だからまた、遊んでネー☆
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-08-08 10:47 | 風景

夏の名古屋めぐり   

2008年 08月 07日
さーて、名古屋めぐりへ、いざ、出陣!

まず最初の目的地は「大須観音」。ちょうど、お祭りをやっていたようで、大賑わいだった!

e0063317_10131724.jpg
絢爛豪華、鮮やかな朱塗りの建物。反り返った屋根の角と角との重なり具合が、絶妙!




お次は「熱田神宮」へ。
どこまで歩いても、入り口が見つからないよぅ(汗)。ぐるりと廻って、ようやく鳥居を発見。
e0063317_10192287.jpg
熱田神宮は街のなかの、深い深い森のなかに鎮座していた。






名古屋城はホテルから徒歩圏内にあったので、セッション当日の午前中、お散歩に行くことに。

e0063317_1029271.jpg
てくてく歩いていると、いきなり、原生林、発見。こんな都会の中に!



e0063317_9582691.jpg
ひっそりと人知れず、古城に生い茂る草木たち。ラピュタの世界だぁ・・・・・・



そこから少し足を伸ばして、「徳川園」まで。
e0063317_10385392.jpg
なるほど。お庭ってのは、大自然を実物大にしたミニチュアなんだぁ!ビューティホー!!!


e0063317_10445711.jpg
涼しげな滝...(ホントは極暑)


e0063317_15264040.jpg
おひさまをめいっぱい受けて、大喜びの木々。



こんな光景を目にすることで、人は初めて太陽の美しさを実感できるんだとおもう。だってー、太陽って、直接見たら、マブすぎておめめつぶれちゃうもんね・・・。
たぶん、それは人に関しても、同じことが言えるんじゃないかなぁ、と、おもう。人の魂は本当は、直視するにはあまりにも美しく眩しすぎるから、ついつい色眼鏡をかけて、見てしまう。本当は、すべての人が美しい光そのものなのにね。
ともかく、この日も太陽、容赦なくマブかったぜ!
名古屋は、ご神木クラスの極太の樹木が、都会の中で悠然と構えてる街でした。素晴らしい~
これだけ緑が豊かな土地だから、東京と違って空気が濃いわけだ。そのおかげか、35℃越えの猛暑なのに、ぜんっぜん、苦にならなかったですよ。炎天下の下、歩きまくってるというのに、すがすがしいんだもの!(いいえ、それは私が冷え性すぎて、体内温度計、壊れているせいですよ。)
名古屋、たのしいよぅ~~~!定住したい!!!
ただ、ひとつだけ残念だったのは、私がうっかりベジタリアンだったということで・・・。名古屋名物「ひつまぶし」「味噌かつ」「手羽先」「天むす」・・・・・・・・ぜんぶ食べられないんだも~ん(つд-。)


次回は、三重めぐりの風景をお送りしまーす♥
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-08-07 11:22 | 風景

2008年、春の写真展   

2008年 05月 09日
前回、風景写真をお褒め頂いて、お世辞でも、とーっっっても嬉しかったので、せめて年に4回くらいは季節の風景写真でもアップしちゃおっかな~♪♬
と、そんなわけで、春の写真展、開催しまーす。


e0063317_9352212.jpg
冬の終わり、夕暮れ時の番人

e0063317_9365672.jpg
夕陽を背にきらめく満開の桜

e0063317_9391952.jpg
梅とヒヨドリ(たぶん)。梅って、つくづく、枝ぶりがお見事!

e0063317_9401629.jpg
(*ゝω・)ノよっ! ぼく、エゾリスたんデース★

e0063317_940506.jpg
ピョンピョンピョンピョン!
今にも飛び跳ねそうなくらい、元気いっぱいの葉っぱ。春が来た!


e0063317_9421953.jpg
白い階段。天国へとつづく階段は、きっと、こんな感じ。

e0063317_94323.jpg
最後の一輪の春

e0063317_9433889.jpg
春色の道。春もそろそろ、ここまで。




☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


さて、話は変わりますが、
例年この件にはなるべく触れずに過ごしていたのですが、今年は考えが変わったので、あえて自分から切り出すことにしました。
私、今日で、何度目かの18歳の記念日を迎えました...(-ω-*)
今まで誕生日って、祝っていただくためにあるものだと思っていました。だから何となくおこがましくて、自分からは言い出せなかったんです。でも本当は、誕生日って、生まれてきたこと、今ここに生きていることに対して、改めて感謝するための特別な日、なんですね。そう考えてみると、黙っているわけにはいられなくなりました。
「お誕生日おめでと」の言葉はいりません。それより何より、私の感謝の気持ちを受け取っていただいて、「よしよし、そんなに言うなら、これからも仲良くしてあげるね~」って言ってもらえたなら、とっても嬉しいです(*´∀`)
今こうして私があるのは、すべての皆様との出会いのおかげです。ありがとうございます。
何かと至らない点が多いばかりに、不本意ながらご迷惑をおかけしてしまうことも多々あるとは思いますが、ま、しょうがないっか…、ドロたんだし(苦笑)、とでも思って笑って許していたいだければ嬉しいです。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。(_ _*)

e0063317_9553268.jpg
Love,
ドロたんxxx
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-05-09 09:44 | 風景

緑の桜、天の使い、天国 (2008年、春の京都旅行記シリーズ最終日)   

2008年 04月 25日
そういえば、この前日、貴船帰りに奇妙なことが...
「東福寺」駅でJRに乗り換えたはずが、私がいたのは、JR「いなり」駅のホームだった。愕然。
ナゼ???
あっ!そうか!
きっと、まさに、狐につまされちゃったんだぁ、あはははは~!
きつねどんってば、いたずらっ子なんだからぁ♥(←降りる駅、おもいっきり間違ってるよ)
睡眠不足がたたると、狐のチョロいカモになれて、摩訶不思議経験が楽しめちゃいマス★


さて、最終日。今日の目的のひとつは、緑の桜「御衣黄」を見ること。
京都の方たちに事前リサーチしたけど、詳しく知る人はいなかった。どんなんなんだろー?

まずは京都駅を出発して、龍安寺へ。
e0063317_1254146.jpg
もう桜のシーズンを逃したと思っていたけど、何のその、まだまだ全開!
桜の花と新緑、青い空とのコントラストが、美しい~。




その後、ウワサの御衣黄を求め、すぐ隣の仁和寺へ。
e0063317_12551363.jpg
ジャジャーーーーーン!!!

緑のおじさん、見て!見てーーー!運良く開花の時期に、間に合いました!
ホラ!緑でしょー!どこからどう見ても、緑!緑が萌えるよ~~~~カワイイ~
私の発言は的外れだの非常識だの道民を代表してないだのと、事あるごとにやいのやいのチャチャ入れてくれるお方がおりますが、たまには、私の発言に、真実が垣間見えることもあるのですよ。
フフン、どうだ、参ったか!<( ̄^ ̄)>はっはっは~!
御衣黄を知らずして桜餅を語る事なかれ。>jazzたん



そこから電車に揺られて、嵐山へ。
ここで、一気に旅の疲れが。そりゃ、私、前日は、2時間の睡眠で10kmくらいは歩いてるし、この日も慣れないホテルであまり寝付けなかったし...。
そこで、嵐山の駅についてから、駅ホーム内にある足湯へ直行。なんと150円でタオル付きの足湯。疲れた体に、嬉しい。こんなステキなところ、毎日、通いつめたいっ
e0063317_1256508.jpg
この暖簾をくぐってるおばあちゃん、お話を聞くと、88歳なのだそう。奈良からいらしたとか。
旅をしてまわるのが、元気の秘訣、そう言って、にこにこ笑いながら、チョコレートを頂きました。嬉しかったなぁ~
足湯に癒されて、おばあちゃんに元気をもらって、大復活。ふたたび、歩き出すことに。



e0063317_12595681.jpg
嵐山の渡月橋から。連帯航空を楽しむ鳥たち。




そこから少し足を伸ばして竹林の道へ。
e0063317_1311191.jpg
北海道に竹は生えないので、竹林がとても珍しいのです(道民代表)。



e0063317_1315841.jpg
ついでに、北海道では柑橘類もなりません。なので、こんな光景には、思わず目を丸くしてしまう(道民代表)。



e0063317_1332468.jpg
そこからさらに進んで、「落柿舎」
ここは紅葉シーズンに、もう一度来てみたいなぁ。



そこから、苔につつまれた庭園がとても美しいという、「祇王寺」へ。
e0063317_1342218.jpg
ここにもこんなに見事な竹林が。


その美しい竹林の下で、目にしたこの光景...
e0063317_1351556.jpg
美しい苔の庭に、木漏れ日がさして、美しい緑のじゅうたんのうえで、まったりまどろむ絶世のbijou...
こ、これは、、、天の使い?ここは、天国?天国って、こんなところ?きっとね、メリーさんちのメリーちゃんや、うちのサスケが、のんびり一緒に遊んでいるところ。
時の流れが、ちがう。ここは、異次元の空間。



そこから足の赴くままに歩いていると...
e0063317_1361651.jpg
またもや、天の使いに遭遇。
この鳥、サギ?シラサギ?
貴船神社でも会った。竜安寺でも会った。ここで3度目の再会。出会う度に息をのんでしまう。美しい~。こんなにも美しく大きな鳥が、まったり羽を休めている光景が、ふつうにあるんだぁ...
京都、驚きの連続。

e0063317_1384224.jpg
そしたら、ホラ、みて!みて!
湖面がキラキラキラキラ輝き出して、それが、ずーっと、私の歩みについてきてくれていて、
不思議で不思議で、ひたすら圧巻されてたら、そのキラキラがひゅーっと空中に立ち昇り霧となって、宙に消えていった。なんなのーーーっ???てビックリしてたら、その対岸に、ホラ、神社が。
よく見ると、「御髪神社」の文字が。
あはは、不謹慎にもちょびっと笑っちゃったけど、歴史のある神社でした。神様がいます、きっと、ここに。
ははは、笑っちゃうくらい、不思議なことがいっぱい。夢の夢子ちゃんになった気分。



すっかり狐につまされて、夢うつつ、ふと後ろを振り返ると、今度はあらあら、まぁまぁ、なんなのでしょう、ここは。お花盛りのお花畑。色とりどり。
e0063317_13114396.jpg
こんな光景、観たことないっっっ(つд-。)天国、パラダイス、生まれてきて、良かった。

これにて、京の旅は終わり。
すばらしい。なにもかもが、美しい。
京都。
また行きます。
1年に1度は必ず、いや、1年に2度はきっと、いや、それだけじゃ、見きれない、経験したりない、
京都、移住したい。いっそのこと、、、
京都にて、嫁ぎ先、募集中。
ふつつかものではございますが、よろぴクでーす★
またねーっ!


e0063317_13123160.jpg
Love,
ドロたんxxx
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-04-25 13:13 | 風景