カテゴリ:風景( 42 )   

打上げ、鞍馬、貴船の春 (2008年、春の京都旅行記シリーズ2日目)   

2008年 04月 24日
セッションもあっという間に終演、ここで帰る方たちと、名残惜しくお別れ(悲)。
お世話になった「夜想」を後にすることに。
「夜想」、とてもアングラなライブハウスでした。前日は「あがた森魚」だったらしいしっ、ってことは、あがた森魚の立ったステージに、次の日に、立っちゃったっってこと?ひゃ~~
ちなみにスタッフの方が「JAZZ」とプリントされたTシャツを着ていて、どっちの人がjazzたんなのかわからなくなって、混乱しておりました(ないない)。

残りの顔ぶれで、もはや憧憬の居酒屋、「ももいちはら」へと移動。
e0063317_15254620.jpg

まんきっちゃん、子泣き爺化。まんきっちゃん、好・き・で・す(●′艸`●)

そのまま敷地内の離れ「旅館 緑」で一晩、お世話になることに。
時の経つのも忘れ、jazzたんのわんこの散歩タイム、6時まで雑談。
こんなまったりしたひとときが、いちばん楽しかったりします。

そうして、いつの間にか、ひとり、またひとりと、お別れ...(寂)。

その後、残ったメンバーで、またもや宴のひととき。
jun兄様のお母様の暖かい心づくしのおもてなしを受けて、極上のお寿司が振舞われました。あんな分厚い極上の霜降り「トロ」、初めてみた...お寿司の町、小樽に住んでおきながら。
でもここで、睡眠不足がたたって2時間、仮死。
その後、jun兄様のお母様から「疲れたねぇ」と、はんなりほっこり暖かいお言葉をいただいて、その一言で、みるみる大復活、パワー全開。
jun兄様、お母様にくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。大変お世話になりました。

ここでまた、お別れがあり、残ったメンバーで、鞍馬へ。

e0063317_15302081.jpg
(はかせへ。なかなかよく撮れたでしょ?天狗。どうぞお持ち帰りくださいませ。)

かねてより鞍馬のエネルギーに触れてみたいと憧憬を抱いていたので、まさかこのような形で鞍馬に導かれるとは、感激もひとしお。

e0063317_15314270.jpg

目的は、この鞍馬温泉。
すばらしいお湯でした。しかも露天風呂にお日様がさして、木漏れ日のなかで温泉。最高の贅沢!しかも、湯船に桜の花弁がはらりと舞って、ときめきまくり。
お風呂から上がり、jun兄様とお話していると、目の前の渓谷に、桜吹雪が...
は~~~~~~~、緑のおじさんと夢みる春のおわりの情景。
生き返りました。

e0063317_15335210.jpg

こんな景色が当たり前のように、目前に広がります。


e0063317_15345128.jpg
よく見ると、、、


e0063317_15364084.jpg
タラ女王と、、、お茶目ブラザーズ参上。

さて、鞍馬温泉から戻り、ここで、またひとり、またひとり、お別れ(泣)。


最後に残ったのは私ひとり。
実はこの後、ニンニンが憧れのYKさんたちと会う手はずを整えてくださったのに、私の不手際で連絡がとれなくなり、お流れに。。。ドロたんのバカバカバカ~~~わーーーーーーーーーん(号泣

そんなこんなで、ひとり貴船神社へと向かうことに。
jun兄様にわざわざ駅のホームまで見送っていただき、名残惜しくお別れ。
この度は、大変、お世話になりました。
本当に、ありがとうございました!!!

そして、貴船神社へ。
鞍馬に比べて女性性のエネルギーが満ち溢れているのだそう。
心なしか、厳かな空気。

e0063317_15393396.jpg

貴船口で降りて、貴船川沿いに約2.5kmの散策。
どこを切り取っても絵になる美しい自然。

貴船神社で参拝し、さらに足を進めて奥宮まで。
e0063317_15401886.jpg


ここで、ふと足を止めて振り返ると、下のほうからフワーっと風が。
そうしたら、そっか、この神社に導かれていたんだって、そんな実感にとらわれて、いきなり、涙が溢れてきて、しょうがありませんでした。
来て良かった、京都に来られて、良かった!
たぶん、2年前じゃダメだったんだ、きっと。だからあの時、飛行機が、飛ばなかったんだ。
今こうして、あれから、色々あって、このタイミングでここに来ることが、大切だったような気がする。
神様はイキなことをしてくださる。
こんな私にも、こんな形で、こんなタイミングで、こんなにも素晴らしい巡り合わせを用意していただけるなんて。
ありがとうございました。
今回、ご縁のありました皆様、本当に、ありがとうございました!





*今日のおまけ*

期間限定プロマイド企画、終了いたしました★ 悪しからず~ご了承くださいませませ(_ _*)
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2008-04-24 15:46 | 風景

線路のある風景 2   

2007年 08月 28日
e0063317_13441880.jpg
線路のある風景、喜んでいただけて嬉しかったので、第2段、開催します★
第1弾でアップした写真よりもうちょっと札幌寄りに移動すると、この辺りは、もう防波堤を超えたらすぐ、海!


e0063317_13505669.jpg

汽車の左側に注目!よーく見たら、こっそりカモメが汽車と競争してました( ̄ー ̄♪

↓↓↓↓↓↓↓↓拡大図↓↓↓↓↓↓↓↓
e0063317_1352258.jpg




e0063317_13452848.jpgここを通った時の車窓から。
私も海の写真をパシッ☆と撮りたかったのだけど、席を移動するのも面倒だったので、、、学生たちが被写体の写真になってしまった(笑)。
修学旅行なのかな?この学生たち、遠くから来たらしくて、おー(゚ロ゚屮)屮 海だ!海だ!大喜び。





e0063317_142135.jpg小樽といえば、石原裕次郎(?)。そんなわけで(?)、この小樽駅の4番ホームには「裕次郎ホーム」というニックネームがついてるらしい。
ともかく、柱のひとつひとつにランプがついていて、その灯りがキレイなのー。



e0063317_1471238.jpgこれはうちの庭を通る汽車(だから違うってば)の、雪景色バージョン。

線路シリーズ、写真がたまったら、また開催しまーす。また遊びに来てネ☆
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-08-28 14:17 | 風景

線路のある風景   

2007年 08月 24日
e0063317_1562990.jpg

線路のある風景がたまったので、線路マニアな皆様(私だけか?)に見ていただこうと、線路特集、開催しまーす。
線路はつづく~よ~♪どーこまでも~♬でもね、これはもう、どこまでも続かない線路(悲)。すっかり寂れて草ぼーぼーの廃線。ステキなお散歩道です。プチ・サバイバル気分も味わえます。



e0063317_15122182.jpg
列車マニアにはたまらない秘境。こっそり潜伏して激写☆
ってか、汽車ってば、想像以上に迫力があって、怖かったよぅ(涙)
その昔、映画を初めて見た人たちが、汽車が向かってくるシーンにおののいて、大慌てで劇場から逃げ出したそうな。その人たちの気持ちがとてもよく実感できました(は?)。



e0063317_15231538.jpg
暗いけど、よーく目を凝らすと、夕闇にまぎれて、汽車がいます。
これも、ビビりながら写真とりました。怖かった。汽車って、下から見上げると、思いがけずデカくて怖い!
↓の写真は、この辺を遠くから撮った写真。
こんなに海の側を通るので、汽車からの眺めは爽快!痛快!!日本海!!! シーーーーーーーン・・・・ザブーーーーーン・・・・・・。は~、海はいいなぁ・・・・・・( ̄ー ̄;
じゃ、またネ☆



e0063317_15282616.jpg

[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-08-24 15:48 | 風景

ひな   

2007年 07月 03日
e0063317_15364926.jpg7月といえど午前中はまだまだ冷え込んでいて、冷え性の私にはまだコタツが必要...。
最近、ようやく紫陽花が咲き始めました。この紫陽花、事務所の前に咲いている紫陽花で、雪が降る頃まで咲き続けます。



e0063317_15401419.jpgどうもその紫陽花の近くに、この小鳥、キセキレイが巣を作っている様子。
キセキレイって、白と黒のスマートな小鳥で、ツッタカタッタッタ~~~~~~~~大ハリキリで小走りで歩くのが好きみたい(笑)。その様子が、たまらなくカワイイ♥しっぽフリフリしててね~。



e0063317_15422381.jpg今朝、小鳥がいつも以上に騒いでるので、なんだろ?と思ったら、、、ひな、みっけ!
どうやら巣立ちの練習していて、うっかり地面に着地してしまった様子。
写真を撮ってたら、ママ小鳥にキーキーヽ(`□´)ノシ 怒られました(笑)。元気に巣立って、また来年、帰ってきてね!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-07-03 15:48 | 風景

SLが通る庭。   

2007年 06月 21日
e0063317_1302014.jpg
ただいまうちの庭はバラ盛り。300円くらいで買ってきた鉢が、5~6年でこんなに大きくなってくれたの。ラッキー★



e0063317_131693.jpg見事でしょ?すばらしく香りもよくて、おまけにしぶとい。これから初雪が降る頃まで、ずーーーっと咲き続けてくれる。



e0063317_12563392.jpgで、この庭はこんな感じで線路になっているので...
(ってゆーか、厳密に言うと、ここはうちの庭ではなくJRの土地で、勝手にお花を植えている。)


e0063317_1345771.jpg容赦なく汽車が通る。うちの庭に(違)。
ちなみにこれはエアポート。千歳空港へと向かいます。


e0063317_13102969.jpgついでに、冬景色はこんな感じ。



で、先日ののどかな日曜日のこと。
いきなりシュッシュッポッポッうるさいと思ったら、、、

e0063317_1374652.jpgSLが走ってた!うちの庭にっ(だから違うって)。
汽車マニアのひと、遊びに来てね~。たまにSLも通るよ、うちの庭(笑)。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-06-21 13:21 | 風景

こんな夕暮れの日に   

2007年 06月 14日
e0063317_1765353.jpg



e0063317_1711926.jpg
e0063317_17285130.jpg

「黄身という名の太陽」


宇宙という巨大な卵から割って落とされた黄身、みたいな夕陽だったので、こんなタイトルをつけてみました(は?)。
さて、こんな見事な夕焼けの日に...想定外の衝撃の事実が判明。


「泥炭」と書いて「ドロたん」と読む。と、思っていたら...

e0063317_17121255.jpg




「でいたん」だった......知らなんだ......。






all photos by Deitan.
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-06-14 17:18 | 風景

出世の石段   

2007年 06月 04日
e0063317_1029830.jpg
東京タワー見物ついでに立ち寄ったのが、愛宕神社
この石段、馬で登った人が認められて出世したことから、「出世の石段」と呼ばれているのだそう。縁起を担いで登るリーマン、続出。
私も挑戦。タイム48秒!思っていたよりは、ラクだった( ̄ー ̄v

e0063317_10331034.jpg行きはよいよい(いんや、ゼーゼー言ってるお父さんもいたけど、、、)、帰りは怖い!怖っ、これは、怖い!
お、おじいちゃん、やめて!危ないから!エレベーターあるから(涙)!思わず止めようとしたら、3段目で翻して帰ってきてくれた。ひゅ~。



e0063317_10402560.jpg愛宕神社のおかみさん。
境内に異変がないか、今日も偵察に余念がない。


e0063317_10365796.jpge0063317_10374015.jpg
この神社の境内はこんもりとした森林が生い茂っていて、緑がきれい。ちょっとした池にレトロなボートが浮かんでいたり。さながらリーマンの秘密の花園。

e0063317_10464127.jpgいかにも、都会の青空。


e0063317_1049061.jpg

愛宕神社の手前のお寺。景色に溶け込んで、仏像が佇んでいた。
東京って、すごい!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-06-04 10:50 | 風景

オカンとボクと・・・   

2007年 05月 29日
東京タワー

e0063317_10261257.jpg


行ってまいりました、東京。
東京タワー、大好き。六本木ヒルズの展望台より激写★
この展望台、想像を絶するほど、楽しかった!いまち兄ちゃん、りんじぃ君、連れて行ってくれてありがとうございました(はぁと)。

で、この写真を眺めれば眺めるほど、東京タワーが呼んでいるので(?)...

e0063317_11205474.jpg後日、御成門駅方面からアプローチ。
どんどん接近してみる。


e0063317_10364675.jpge0063317_10373570.jpg


e0063317_1122839.jpg
e0063317_116213.jpg
大接近。てっぺんは意外とこんな形だった。
ドラゴンボールの孫悟空が登った塔みたい。天に届く塔。あれ、登ってみたいの...


e0063317_13434211.jpg

空港のモノレールの模型。こんなとこにも東京タワー、発見。
東京タワー、また来るね!


そんなわけで、東京ネタ、後々アップしていきます。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-05-29 13:44 | 風景

観覧車   

2007年 03月 29日
e0063317_12462511.jpg
こんな夕やけ空に廻る観覧車。




e0063317_12472418.jpgおっきーく、ぐるーり、ぐるーり、ゆったり、ゆったり。




e0063317_12465326.jpgどこまでも高く、高く、天高く
月まで、届けーーーーーーーー!








と、言わんばかりの大きな観覧車も



e0063317_12475814.jpgやっぱり月には、かなわないや。








ぽつーん。
ちっちゃいお月さまだけど、届きそうで、届かないんだもん。


e0063317_13135827.jpg
今日も夕焼けが、キレイな日だったなー。





撮影およびポエ夢:泥炭(夢みる乙女・18歳)
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-03-29 13:28 | 風景

深雪の景色と、昔ながらのお店   

2007年 03月 09日
e0063317_11241749.jpge0063317_11224654.jpg

ドカ雪後の雪景色も、今シーズンはこれが見納めかな。
新雪をかぶった木や山ってのは、無性に美しい。

e0063317_11512189.jpg
静寂につつまれた夜。
なのはいいけど、長靴はいてないと、うもれるってば・・・。どうしよう・・・。




e0063317_11423168.jpg昔ながらの商店。おばちゃん、くださいな~。



e0063317_11444839.jpgここは昔ながらの...事務用品屋さん、なのかな?
看板娘気取りの招きねこ、みっけ!
置物じゃないよ。



e0063317_11485279.jpgホラね(笑)
ちょっと、おねーちゃん、ハンコいるの?いらないの?ニャー!



e0063317_12152022.jpgモッキリって、わかりますか?どうやら「安くお酒を飲ませてくれる立ち飲み屋」のことらしい。
こんなお店が、小樽にはまだまだ現存しています。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-03-09 11:53 | 風景