<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

☆掲示板もどき-2007年1月☆   

2007年 01月 31日
新年、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もより一層のご愛顧のほどお願い申し上げます。
皆様にとって幸せの多き年となりますように。

さてさて、先月末にスレイドの紙ジャケが続々と発売されました。びっくり!スレイド・ファンにはステキなお年玉となりました。スレイドでいちばん好きなのがこのアルバム。何度聴いても楽しい!
では、雑談など、こちらにコメントいただけたら嬉しいです。

e0063317_14531659.jpg1 Nobody's Fool
2 Do The Dirty
3 Let's Call It Quits
4 Pack Up Your Troubles
5 In For A Penny
6 Get On Up
7 L.A. Jinx
8 Did Ya MaMa Ever Tell Ya
9 Scratch My Back
10 I'm A Talker
11 All The World Is A Stage
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-31 23:59 | 掲示板もどき

くりね~&よし蔵たん ご結婚おめでとうセッション   

2007年 01月 29日
e0063317_11123752.jpg


2007年1月27日(土)、くりね~&よし蔵たんのご結婚♡お披露目パーティーが催されました。
ステージに上がれば、くりね~はいつだって主役。あたぼうよΨ( `∀´ )Ψ
そんなくりね~、今回は正真正銘の「本日の主役」でした。しかし通常の披露宴とは違って、観客のほぼ半数の人が、準主役として表舞台に上がれる披露宴だったわけだから、そりゃあもう、想像を絶する酔狂っぷり(爆)。
こんな披露宴をやってのけちゃった姐さんと兄ちゃんがいることは、妹分ドロたんの誇りです( ̄∇ ̄

そんな面々で織り成したセッションのセットリストはコチラ。
(Vocal・Guitar・Bass・Drums・Keyboard・Support/etc )
e0063317_1211554.jpgNo 第一部 (18:40開始)
01 Saturday Night / Bay City Rollers (はじめちゃん・よし蔵&85・mikity・kita-G)
02 Rock'n'Roll Love Letter / Bay City Rollers (はじめちゃん・よし蔵&85・ドロたん・kita-G・cho くりたんた)
03 Crazy Little Thing Called Love / QUEEN (くりたんた・Jマスター&よし蔵・はじめたん・jazz・イック)
04 Bohemian Rhapsody / QUEEN (kita-G・やえ・ヒポソ・jazz・ドロたん)
05 大切なあなた / 松田聖子 (イック&まきちゃん(カラオケ))
** Stand By Me / Ben E.King (GYU森 隆志・関口 D-suke・松田 これすて・原 mikity)
06 いなせなロコモーション / サザン・オール・スターズ(NAS:jazz田 圭祐・GYU森 隆志・関口 D-suke・松田 これすて・原 mikity)
07 ボディスペシャルII  / サザン・オール・スターズ(NAS:jazz田 圭祐・GYU森 隆志・関口 D-suke・松田 これすて・原 mikity)
08 心を込めて花束を  / サザン・オール・スターズ(NAS:jazz田 圭祐・GYU森 隆志・関口 D-suke・松田 これすて・原 mikity)


e0063317_1210133.jpgNo 第二部 (20:30開始)
01 Jumpin' Jack Flash / The Rolling Stones (Mr.Riverhip・さとけん・エビビン・おやじ)
** Every Breath You Take / The Police (Mr.Riverhip・さとけん・エビビン・おやじ)
02 Summer of '69 / Bryan Adams (Mr.Riverhip・よし蔵&85・エビビン・おやじ・cho よし蔵)
03 I Only Want To Be With You / Bay City Rollers (くりたんた・よし蔵&85・エビビン・おやじ)
04 Too Young To Rock'n'Roll / Bay City Rollers (くりたんた・よし蔵&85・エビビン・おやじ・ドロたん)
05 Everything / MISIA (みゆき・Guiterrナシ・はじめちゃん・おやじ・イック)
06 Detroit Rock City / KISS (GISS:ヒポソ・やえ・おめぐ・kita-G)
07 God Of Thunder / KISS (GISS:ヒポソ・やえ・おめぐ・kita-G)
08 Rock'n'Roll Allnight / KISS (GISS:ヒポソ・やえ・おめぐ・kita-G)


e0063317_1225833.jpgこんなスバラしいイベントの主催はもちろんこのお方。初めてクイーン以外のボーカル&ギターにも挑戦し、トレードマークのおヒゲもそり落として、15歳は若返ったと大評判のjazzスケたん。クリックするとご本人に負けず劣らず超ビッグな画像になりますよん( ̄ー ̄

さて、1曲1曲がいかにスバラしいパフォーマンスだったかをレポしたいのはやまやまですが紙面の都合上、割愛させていただくとして、ここは自分のことだけ書きたい(爆)。
で、無謀にも私もこんな錚々たるメンバーと同じステージに上がらせてもらったわけですが…。
まずはベイ・シティ・ローラーズの「Rock'roll Love Letter」でベース。赤タータンに身を包んだ元祖オヤドルはじめたんが、観衆のボルテージを一気に引き上げステージに登場、そこへ、みーちゃん師匠がいきなりのボーカリストとして飛び入り。なのに、ちゃんとタータン・マフラーをつけてるっ!そのハプニングと気迫に蹴落とされたドロたんのパニック指数2007%(゚∀゚;;;;
尊敬するベーシストお二方がボーカリストとして並んだ絵を最後に、酸欠状態で記憶は飛び、その後のボヘラでは観衆の前に座ってピアノを弾く、という初のプレッシャーでぼろぼろ。これが今年、最初で最後のトラウマとなりますように(懇願)。
一晩で一年分の波にもまれた気分です。
凄腕のミュージシャンを目の当たりにして、そんなスゴイ方たちとご一緒させていただいて、かけがえのない経験をさせていただきました。大変お世話になり、ありがとうございました。これに懲りず、これからもよろぴくです♡
次はせめて、せめて、もっとえろくなれるよう精進してまいります(。-ω-。)ノ


※今回の衣装は控えめで映倫にひっかからない範疇なので(たぶんね(笑))、自分の画像もアップする予定でしたが、1枚も持ってませんでしたー。
お持ちの方がいましたら、おすそ分けくださいませませ(_ _*)


※2007/2/1 更新しました。
カメラマンのミノルさんに写真をいただいたので、ひっそりアップしておきます。
ね?フツウでしょ?普段着でしょ?18歳の格好だからね(*´∀`*)ゞ

e0063317_1236987.jpg

[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-29 13:14 | セッション&バンド

耳コピ&採譜とギタープロ   

2007年 01月 24日
いよいよ今週末に迫った「祝★くりね~&よし蔵たん」披露宴セッション。
ベースはともかく、(そりゃあもちろん問題大アリだけど、、、)、それ以上に今回はベイ・シティ・ローラーズのキーボードが難関...どうすべ...。どうやって弾けばいいのかサッパリわからん(汗)。一見、ものっすごく簡単そうで能天気っぽくて、BCRでさえ実際に演奏できるように聴こえちゃうアレンジってところが、余計にいやらしいというか何と言うか、、、つまり、このままだと、ドロたんがBCRよりヘタなのが、バレてしまう(爆)。いや、決してBCRをバカにするつもりはないのだけれど、してるか(笑)、、、ごめんネ>BCR

思い起こせば、Queenの「愛という名の欲望」、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」、チャック・ベリーの「Johnny B. Goode」。。。。今まで私が超テキトーーーに鍵盤を叩いて、セッションをめちゃくちゃにしてきた曲の数々だ(汗)。

あの悪夢、ふたたび・・・みたび・・・よんたび・・・・・
とにかく、耳コピできないってことが、ネックなんだなー。
キーボード・バッキングの定番フレーズ、ちょっとしたコツ、みたいのが板についていれば、あんま詳しく音が取れなかったとしても、ポロロンと弾けちゃいそうなものだけど・・・。私にそんなこと、できるハズもなく・・・。
楽譜がなきゃ、ピアノなんて弾けないよぅ(つд-。)
で、なんかアイデアないかなぁ~って探してるうちに、「Guiter Pro」にたどり着いた。

e0063317_11554641.jpg←こんな画面のソフト。これ、前にもデモ・バージョンをダウンロードしてみたことはあったけど、「Guiter Pro 5」にバージョンアップして、日本語も使えるようになっていた。さっそく、15日間だけ使えるお試し版をダウンロード。
この「Guiter Pro」は、膨大な数のギタープロ用ファイルを無料でダウンロードし放題というのがスゴい。
好きなファイルをダウンロードしてギタープロで開くと、パートごとに楽譜やタブ譜が確認できる。もちろん音を再生することもできる。音を流しながら、キーボードやフレットボード表示で、指の動きを目で追っていけるのも、かなり楽しい。


で、クイーンのファイルは316種類もあった!すっげー!大感激♡
お目当てのBCRの曲は、1曲もなかったけど(爆)。
e0063317_11585180.jpgとりあえず、嬉々として市販されてない楽譜、「Bring Back that leroy brown」、「Black Queen」、「All Dead, All Dead」あたり、、、ひととおりダウンロードして印刷( ̄ー ̄vイェイ。
おっきく「DEMO VERSION」プリントされてるけどね...(汗)。
ふぉっふぉっふぉ、それでも、こんなマイナーな楽譜まで無料で入手できるって、すごい!画期的!
うーれしーいな~♪たーのしーいな~♬
これ、買っちゃおっかな~♪♬





ハッ!!!
しまった、またもや、ついつい、遊んでしまった...
今はBCRの耳コピして、地道に採譜してかなきゃならんのだった(滝汗)。セッション、もう差し迫ってるのに(焦)。
結局、、、

楽譜に頼らないで、まずは自分の耳を鍛えなさい。

ってことか。。。il||li(つд-。)il||li


でもま、ヘコんでる場合じゃないわ~♪
今週末のセッション、よろぴくデス(*ゝω・)ノ ☆
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-24 12:02 | セッション&バンド

事務所の窓から   

2007年 01月 23日
e0063317_13215655.jpg

田舎に住んでいるとはいえ、私の職場から田園風景が望めるわけでもなく、事務所の窓から見えるのは、こんな殺風景な景色。妙に寂しい...。
霞がかかって見えるのは、大粒の雪が大量にもっさもっさ降り積もっているから。

e0063317_13281873.jpg先ほど、こんな雪の中、フラリと見知らぬおじさんが訪ねて来た。電話帳の交換にきたのだそう。
そして、手渡されたのがこの電話帳。あえてタバコなどと比較しなくても、いかに薄っぺらいか、おわかりいただけよう。その幅、約4mm。
よく、電話帳の上に乗って美脚のためのエクササイズ、なんてのがあるけど、、、これでどうやってエクササイズするというのだ( ̄ー ̄;
ちなみにこれ、企業名の「ハローページ」で「タウンページ」ではない。業種ごとにカテゴライズするまでもないのだ。小樽市を含めて20くらいの市町村をまとめた「後志版」のタウンページなら、ある。。。

e0063317_14255298.jpg札幌の電話帳と比べてみた。札幌も小さな町だとは思ってたけど、やっぱり小樽とは比較にならないほど大きな町だった...しかもこれ、札幌の1/2くらいしか載ってないものらしいし...明らかに、負けた...。札幌のだったら、エクササイズできるし(笑)。


それにしても、今日はめずらしく大雪。今シーズンいちばんの雪かもしれない。
今年は雪が少ないので大いに助かっているけど、やっぱりこれも異常気象。
ちょうど今、『不都合な真実』という映画が公開されている。アメリカ元大統領アル・ゴアが地球温暖化の危機を訴えている映画だそう。とても評判もいいから、いずれ観る予定。小樽では上映してないから、DVDが出てからになるけど(涙)。

でもやっぱり、この雪、早く降り止んでくれぇぃ!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-23 13:47 | 風景

祝★『華麗なるレース』発売30周年記念日   

2007年 01月 19日
e0063317_116258.jpg華麗なるレース [A Day At The Races] Queen
01 タイ・ユア・マザー・ダウン
02 テイク・マイ・ブレス・アウェイ
03 ロング・アウェイ
04 ミリオネア・ワルツ
05 ユー・アンド・アイ
06 愛にすべてを
07 ホワイト・マン
08 懐かしのラバー・ボーイ
09 さまよい
10 手をとりあって


去る1月9日は『華麗なるレース』の日本発売30周年記念日だったそうだ。30年か...。
私は戦後からちょうど30年という節目に生まれた。そう考えると、30年って、うかうかしているとあっという間だけど、社会が激変するには十分な年月だと改めて思う。なのにこのアルバムが発売されてからそれだけの年月を経ているだなんて、どうもピンとこない。メディアはレコードからCDやらMP3などの変貌を遂げているというのに、この内容に古びた印象なんて微塵も感じられないし、さらに30年経ったとしても、同じように感じることだろう。そんなこのアルバムは、まさに玉手箱のよう。きらきらした宝物が、ふんだんにつまっている。大好きでたまらない曲がいっぱい!
私はブライアンのアコースティックな曲が特に大好きで「ロング・アウェイ」と「手をとりあって」はどちらも、とても好きな曲。
フレディの誰からも愛される名曲「懐かしのラバー・ボーイ」に、ピアノがすばらしい「ミリオネア・ワルツ」。
ジョンの恥ずかしくなっちゃうくらいハッピーな「ユー・アンド・アイ」。こんな曲を聴いたら、誰だってジョンみたいにニコニコしちゃう♡
極めつけは、ロジャーの名曲「さまよい」。この曲は奇跡だ。クイーンの楽曲の中で私が心底シビれてしまうのは、実はこの曲だけで、この曲があったからこそ、ここまでクイーンを好きになってしまった。
こんな名曲ぞろいのこのアルバムに、もし欠点があるとしたら、それは名曲が揃いすぎてることだと思う。息をつく暇もなく次から次へと大判小判が溢れ出てきて、オーバーヒートしそうになってしまうので、あえて、滅多に聴かなかったりする。
そのせいか、聴く度に、その都度、初めて聴いたような新鮮な驚きと感動に包まれる。あぁぁ、クイーンって、スバラしい(。-ω-。)☆・゚:*:゚

ちなみにMFCオーナーたんもこのアルバムについてのレビューを書いていて、残念ながら、このアルバムは無人島には持っていけないのだそう(笑)。
私なら無人島にはギガビートを持っていくから、1枚を選び出さなくてもいいけどね(笑)。そういう話じゃないか...。
で、話はさらにそれるけど、クイーンの楽曲をCMに起用し、ROYさんのパンダ姿!でクイーンファンを魅了した東芝の「gigabeat」。今ではすっかり勢いを失ってしまったらしく、店頭に並んでもいない...。けど、他のデジプレに比べて音質は断然いいと信じて疑わない。これからもギガビートを使い続けていくもんね。


さて、このアルバムが好きなのは私だけではなくって、ドロたん家では家族ぐるみでこのアルバムが大好き(笑)。
e0063317_1115447.jpg華麗なるニャンコ。



e0063317_1123248.jpg私のラバーボーイもギガビートで、このアルバムを愛聴していた。華麗なる夢を見られますように♡
って、眠ってるのに邪魔されて、実は怒ってる図(爆)。この後、しつこくしすぎてガジガジされたのは言うまでもない(笑)。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-19 11:53 | Queenな話題

街角の景色 ~オブジェ編~   

2007年 01月 15日
e0063317_1501740.jpg

以前ネタにした『おっぱいどう』看板の下に、こんな立て看板がある。
そろそろ忘れられつつある『まりもっこり』。
「アンパンマン」に「冴羽りょう」エキスを注入して突然変異を起こしたようなキャラ。その仲間に「じゃがいもっこり」もいます。
もっこり部分にうっすら雪がつもってるよ…。しかし、旅の記念に新巻鮭になってもねぇ…。


e0063317_1525234.jpgそのはす向かいで、ひっそりと雪に埋もれて佇む石を発見。かわいいよぅ~。けど、これ、なんだろう?どっかで見たことがある気もするんだけど…。


e0063317_1543284.jpgところで、かつてヘビースモーカーだった私は2005年の年明けと共に禁煙を決意し、晴れて禁煙3年目を迎えた。もちろんそれ以降1本も吸ってないし、もう二度と煙草なんて吸いたくないと思っている。
そんなわけで煙草と縁がなくなって久しいせいだろうか、煙草の自販機に見慣れない銘柄の商品がまぎれていた。つぶつぶって・・・。これさえあれば鬼に金棒、とでも言いたげなパッケージが、また何とも印象深い...。




e0063317_15194454.jpg

反応しにくい微妙~なネタを出してしまったので(笑)、最後はキレイどころを。
これは「幸せになる木」。ガラス屋さんの前にあって、枝に「キラキラ」という名前のクリスタル・ガラスの実がいっぱいついてる。これ、夜中に風に揺られてキラキラ輝く様子は、ハッとするほどキレい。これを身につけたら、本当にしあわせになれる気がしてくる。たまたま、この日は満月の夜で、月明かりの下で輝くキラキラは本当にキレイだった。

e0063317_15182390.jpgで、そのガラス屋さんにこの「キラキラ」がちゃんと売られている。以前、シンプルなビーズのネックレスをつくってキラキラを通したら、思った以上にかわいいネックレスに仕上がったので、友達にプレゼントしたことがあった。
先日、別の友達が結納したという知らせが入った。また、キラキラでネックレスをつくろうかな。幸せになりますよう、願いをこめて。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-15 15:14 | 風景

2006年勝手にベストムービー大賞   

2007年 01月 12日
新しい年を迎えるにあたって、「できる限り映画をいっぱい観よう」という抱負を抱いた。
ま、よく考えたら去年も同じ豊富を抱いていた。で、リストを見直してみたら、去年も100本そこそこしか観れなかった・・・。ま、計画倒れは私の得意技でもあるのでヨシとしよう。とりあえず、去年観た映画を振り返ってみます。
部門別におもしろかったものをならべて、そのなかでいちばん気に入った映画を選んでみました。ところどころ、ネタバレもありますので、ご了承ください。

【ドラマ部門】
『Connie & Carla』 『素晴らしき哉、人生!』 『海を飛ぶ夢』 『ブレイブ』 『バタフライ・キス』 『サンセット・ストリップ』
e0063317_13432943.jpg★『素晴らしき哉、人生!』

60年も前に、こんなに楽しめる映画がつくられていただなんて。こんな名作を今まで観ていなかったことが、悔やまれる。嗚呼、人生は素晴らしい。
ジェームズ・スチュワートが、地元住民に自分の新婚旅行資金を貸してしまい、手元に残ったわずかなお金を持って、「芽が出ろ大きくなぁれ♡ツッタカタ~♪ツッタカタ~♪」歌い踊りスキップする場面がある。そのあんまりの底抜けの明るさというか、アホさ加減にビックリ。私だって、どんなお金持ちよりも、ジェームズ・スチュワートと結婚したい...。

【伝記部門】
『ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方』 『Ray レイ』 『五線譜のラブレター DE-LOVELY』 『ビヨンド The シー』
e0063317_1344161.jpg★『ビヨンド The シー』

これは選ぶのが難しかった。ピーター・セラーズを演じたジェフリー・ラッシュ、レイ・チャールズのジェイミー・フォックス、コール・ポーターを演じたケヴィン・クライン。みんな素晴らしい。でも、あえて選ぶならケヴィン・スペイシーに。実際に全曲を自分で歌ってしまったというのが、すごすぎる。
ちなみに『五線譜のラブレター』で、エルヴィス・コステロが歌うシーンがある。それを見て以来、なぜかQueenの「永遠の翼」はエルヴィス・コステロが歌っている気がしてきて、困り果てている。

【コメディ部門】
『ナチョ・リブレ』 『オレたちニュースキャスター』 『THE 有頂天ホテル』
e0063317_13443696.jpg★『ライフ・アクアティック』

そこに存在するだけで、映画に哀愁と可笑しさをもたらす俳優、ビル・マーレイ。そこに存在するだけで、映画がふと面白くなる俳優、オーウェン・ウィルソン。そこに存在するだけで、、、、そんな俳優陣をこれでもかと投入するんだから、おもしろいに決まってる。ウィレム・デフォーが「セリフが2行しかなかった」と漏らしてるのが、妙に笑える(笑)。
挙句「だから何なんだ!?」ってな意味不明のシナリオの世界で、ムキになってる人たちが、真剣にふざけた映画。デヴィッド・ボウイの曲をポルトガル語で弾き語りする人もツボ。しかし、このノリ、人によってはまったく楽しめない映画だとも思う...。

【サスペンス部門】
『ライブ・オブ・デビッド・ゲイル』 『レクイエム・フォー・ドリーム』
e0063317_1345246.jpg★『レクイエム・フォー・ドリーム』

『ライブ・オブ・デビッド・ゲイル』は、衝撃的だった。怖すぎて、いやぁぁあああああ、絶叫してしまった。けれど、『レクイエム・フォー・ドリーム』の方が、もっと怖かった。自分と重ね合わせてしまったからだ。
ドラッグに溺れて、若気の至りで堕ちていく若者たち。そして、無知であるがゆえに、母親までも、堕ちていく。
人は無知であるがゆえに数多くの間違いを犯す。いじめ、人種差別、自殺、環境破壊、戦争、すべては無知であることから歯車が狂った結果であるとも言える。
無知であること自体は、罪ではない。とはいえ、無知からは、こんなにも容易に罪が生じる。
この映画を観終えたら、無知である自分がとても怖くなって、しばらく身動きが取れなくなってしまった。

【アクション部門】
『オーシャンズ12』 『Mr.&Mrs.スミス』 『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』 『トゥームレイダー』
e0063317_13452345.jpg★『トゥームレイダー』

ノア・テイラーという俳優が大好き。『シャイン』でデヴィッド・ヘルフゴットが壊れていく少年期を演じ、『アドルフの画集』で若かりし日のヒットラーをエキセントリックに演じている。で、そのノア・テイラー目当てで観たら、この映画、思った以上に、おもしろかった。こんなアクションをスタントなしでやってのけてただなんて…。アンジー、おそるべし!

【SF部門】
『バロン』 『サイレント・ランニング』 『バンカーパレス・ホテル』 『銀河ヒッチハイク・ガイド』 『CODE 46』
e0063317_134619.jpg★『銀河ヒッチハイク・ガイド』

はぁ!?という間もなく地球が破壊されて、銀河をヒッチハイクする旅に出ることを余儀なくされる最後の地球人。大好きなビル・ナイも出てる(笑)。
余談だけど、サスケが入院した夜、何かをしていないとひたすら泣き崩れてしまうので、とにかく気を紛らわそうとして観たのが、この映画だった。こんなにも一瞬にして地球が木っ端微塵になっちゃうだなんて、なんて羨ましいんだろう…と、思ってしまった。こんなんだったら、痛みすら感じる間もないだろうし、皆で一緒に天国に行けるもの。。。

【戦争映画】
『戦場にかける橋』 『トリコロールに燃えて』 『ホテル・ルワンダ』
e0063317_13462215.jpg★『ホテル・ルワンダ』

1994年、アフリカのルワンダで起きた民族間の闘争から発展した大虐殺。被害者は100万人とも言われている。
この民族間の闘争は、国連軍の介入によって数日後には収束すると思われていた。が、国連側は混乱を極めたルワンダから、兵士や在住外国人の撤退を決定する。ここで、メジャリティが否応なしにマイノリティをないがしろにする構図が見えてくる。
ルワンダを取材しているジャーナリストが言う。「世界の人々はあの映像を観て“怖いね”と言うだけでディナーを続ける」。日本で暮らす私たちには、このセリフがたまらなく痛い。自分がマイノリティを見捨てたメジャリティとなんら変わりないことに気づかされるからこそ、否応なしに良心の呵責を覚えてしまう。無知であることの恥ずかしさ、無関心であることの恥ずかしさ、無力であることの恥ずかしさ。
とはいえ、あまり難しく考えずに、もっともっと多くの人に観て欲しい映画だと思う。ドン・チードルとソフィー・オコネドーの鬼気迫る迫真の演技が、すばらしい。その演技だけでも、観る価値のある映画なのだから。
この虐殺を間際にしてきたジャーナリストが、ルワンダを見捨てた罪悪感から撮ったという、『ルワンダの涙』という映画も公開される。逃げずにこの映画も観なければ...。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-12 13:57 | 映画

2006年ベストマンガ   

2007年 01月 04日
明けましておめでとうございます。
新春第一弾、まずは昨年を振り返ることにしました。
で、めずらしくマンガの話題です。私はあまりマンガを読まないので、新しいマンガというわけでもなく、単に旧年中に読んだマンガをランキング形式で振り返ってみます。

e0063317_16543083.jpg第5位「監督不行届」安野モヨコ
この漫画家は「働きマン」とかでイイ女(しかも細いのに巨乳だったりして、ゆるせん(爆))))を描いていたので、鼻につく都会派オシャレ人間だろうと思い、どうも好きになれなかった。けど、これを読んだらいっぺんに好きになっちゃった。ダンナの庵野秀明監督の暴露本でもある(笑)。色気を一切排除して描かれた夫婦生活が、おんもしろい!こんな夫婦なら、結婚って、純粋に楽しいものなんだろうな~。


e0063317_16544842.jpg
第4位「記憶の技法」吉野朔実
自分探しがテーマ。吉野先生のマンガは心理学、特にアイデンティティ・クライシスが題材になっていて、テーマが深くて興味深い。


e0063317_16552338.jpg第3位「ボタンをかぞえて」萩岩睦美
萩岩先生の作品は絵もかわいいしファンタジックだけど、テーマはいつも「家族愛」だとおもう。素朴な家族の愛と思いやりがいっぱいつまっていて、この短編集もやっぱり心暖まるお話だった。読んだら泣いちゃうのはわかってたけど、やっぱり感動してボロボロ泣いちゃった。原点に返ろう、って思える。


e0063317_16561715.jpg第2位「秘密」清水玲子
私がいちばん好きな漫画家。このひとが作り出す空想科学の世界はスゴいっす。この人のマンガはどれもこれも大好き。いちばん好きなのは「竜の眠る星」。でも今年読んだのがコレだったので...。
で、コレが相当、怖い。描写がグロテスクで衝撃的だし背筋が凍る(゚∀゚;)「漂流教室」より「恐怖新聞」より怖いかも(涙)。怖すぎるから見たくないけど、たまらなく読みたい。読みたいんだけど見たくない。っく~、怖すぎるから1位剥奪。


e0063317_16572083.jpg第1位「ピアノの森」一色まこと
「のだめカンタービレ」の登場でクラシックがフィーバ~したけど、同じくピアノが題材で、こんなおもしろいマンガがあったとは。すごいな~、こんな風にピアノが弾けたら、世の中もっとずっと楽しくなるんだろうなぁ、っておもう。憧れる。
連載を休みがちな漫画家らしくて10年くらい前に始まったのに、まだ連載中。どうやって終わるのか、とにかく気になる!



とゆうことで、マンガ・ランキングしてみました。
みなさんのオススメのマンガも教えてください(*ゝω・)☆ では、よいお年を!(遅)
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-04 16:59 | 趣味

★2007年 セッション&バンド記録★   

2007年 01月 01日
○くり姐+よし蔵 オメデトウ!結婚祝いセッション!!○
2007年1月27日(土) at J-スクランブル

☆Rock'n'Roll Love Letter / Bay City Rollers
はじめちゃん(v)/よし蔵(g)/85(g)/ドロたん(b)/kita-G(d)

☆Too Young To Rock'n'Roll / Bay City Rollers
くりたんた(v)/よし蔵(g)/85(g)/エビビン(b)/おやじ(d)/ドロたん(k)

☆Bohemian Rhapsody / QUEEN
kita-G(v)/やえ(g)/ヒポソ(b)/jazz(d)/ドロたん(p)


●Viva!Rock Festival Vo.4●
2007年3月11日(日) at Vinnie's BAR

★Qweet (Sweet) [コノクリ~(v) / アンディ・よし蔵(g)/ アンディ・85ット(g) / ドロたん(b) サック・タッカー(d) ]
1.Blockbuster
2.Action
3.Fox On The Run
4.Wig Wam Bam
5.Hellraiser
6.Teenage Rampage

★Viva!Queen (Queen) [ジャジー・マーキュリー(v) / ブライアン・キタジー(g) /ジョン・エービー(b) / ロジャー・シミズヤツ(d) / ドロンジョ・エドニー(p) / ライザ・キタッチ(Cho) / アクセル・ギュウ(Cho)]
・We Are The Champions


○はじめちゃん受胎ツアー"淫"サッポロ '07○
2007年6月23日(土) at らぐたいむ

☆Saturday Night's Alright For Fighting (Elton John)
GYU(v) / BB@Sapporo&GYU(g) / mikity(b) / さく(d) / ドロたん& はじめたん (p)

☆Let's Spend Night Together (The Rolling Stones)
これすて&lin(v) / BB@Sapporo&GYU(g) / はじめちゃん(b) / jazz(d) / ドロたん(p)

☆We Will Rock You (slow) (QUEEN)
jazz/lin/これすて(v) / ムライアン(g) / ドロたん(b) / jazz(d)

☆We Are The Champions (QUEEN)
はじめちゃん(v) / ムライアン(g) / ドロたん(b) / jazz(d) / はじめちゃん(p)


○WWRU 3 Queen Live/Session Event○
2007年9月23日(土) at らぐたいむ

☆殺人女王 / Killer Queen (Queen)
バイオレット☆ (v) / Kita-G (g) / morizin(b) / MFCオーナー(d) / ドロたん(p) / asami(トライアングル) /きたっち (cho)

☆手奪合 / Teo Torriatte (Queen)
イック (v) / やえ (g) / はかせ (b) / さく (d) / ドロたん (p) / MFCオーナー (cho)
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-01-01 00:00 | セッション&バンド