<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

☆掲示板もどき-2007年2月☆   

2007年 02月 28日
忘れてました、気がつけば1年でいちばん短い月に突入していました。そう、2月のメイン・イベントといえば...なんだっけ...(つд-。) 
さて(笑)、今月はこんなアルバム。よくわからないけど、最近、やたらハマってます。これ、楽しい。楽しすぎるー!You tubeリンクも貼ってます。お暇があればぜひどうぞ★
雑談などもこちらにコメントいただけたら嬉しいです。
e0063317_16215793.jpg1.InTheSummertime
2.SeeMe
3.Movin'On
4.Maggie
5.MotherFuckerBoogie
6.Daddie'sBrew
7.MightyMan
8.BabyLet'sPlayHouse
9.JohnnyB.Badde
10.SanFranciscoBayBlues
11.SadEyedJoe
12.MyFriend
13.PeaceInTheCountry
14.Tramp
15.Mungo'sBlues
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-02-28 23:59 | 掲示板もどき

二十億光年の孤独と...   

2007年 02月 23日
もう10年ほど前のことだろうか。阿佐ヶ谷を歩いていて、ふと喫茶店でお茶を飲んでいるご夫婦を目にして、ドキっとして動けなくなってしまったことがある。
男の人は、ジョン・マルコヴィッチに似ている人(笑)。女の人は、オノ・ヨーコに似た雰囲気のある人だった。

谷川俊太郎さんと、佐野洋子さんだ。きっと、そうだ。そうに違いない。
「二十億光年の孤独」のひとと、「100万回生きたねこ」のひと。

e0063317_1265956.jpg佐野洋子の『100万回生きたねこ』という有名な絵本をご存知だろうか。
100万回生きかえった末に、ねこは白いねこと出会い、愛し合う。白いねこが死んだ後、ねこは永遠の眠りにつく。

青春時代、ってのは誰しも友達と夜通し人生やら何やらとアツく議論を重ねるもので、、、私も例外なく語り明かしたものだ(笑)。特に上京して4人部屋の学生寮に入った頃は、毎晩のように、学校に行くのも忘れるほど夜通し語り明かした。
私が入っていた学生寮は様々なひとたちが一緒に暮らす、かなり風変わりな学生寮だった。目白の大学に通う世界の違うお嬢様もいれば、ふつ~の顔して東大に通っている人、かと思えば校内でドラッグが横行するようなアーティスト系の専門学校の生徒もいたし、東南アジアあたりからの留学生も多かった。そんな多種多様な人たちが、100人以上も同居している大きな学生寮だった。

私のルームメイトに、声優志望で芸能関係の育成専門学校に通っていた人がいた。
ある時、その人が、この『100万回生きたねこ』を読んで、深く感じたものを芝居に投影する、という授業を受けたのだそう。
そんなこともあって、ルームメイトたちと、この絵本について、よく語り合った。
その結果、私は当時、私なりにこういう結論に達した。
愛を知らなければ、たとえ99万9999回生きたところで、生きたことにならなかったわけであって、愛を知った1度の人生は、その他の何万回もの生に勝るのだ。
つまり、、、私は、まだ生を知らない。このままでは、私ってば、、、あと約100万回も生き返っちゃう(爆)。


そんな結論に至り、ひたすら焦燥感にかられて空回りばかりしていたあの頃から、もうかれこれ、、、何年たつのだろう。
あんなに遠い昔の日々のことなのに、あれから、状況はたいして変わっていない。それもどうかと思うけど(苦笑)、ま、今では、ちょびっと、その価値観も変わってきた。
たとえ得るべきものが得られなかったとしても、それもまた、何ものにも代えがたいほど価値のある人生。それもまた幸せなのだから。すべてに感謝しよう。
そして、時おり、二十億光年の孤独に、私も思わずくしゃみをするわけだ――――――


最近、どうも、人の人生観を目にすることが多い。私もぐるぐる堂々巡りしている。そんな時にこんな懐かしいことを思い出してしまったので、私も語りたくなってしまった。また、あの青春時代のように。
坂口安吾が、永遠に青春まっただなか、ってのは、決してイイものではなく、やたら疲れるものだと言っていた。んだなぁ~、ホント、疲れるんだよな~、こうゆうのって。それなのに私、まだまだ青春中ですから。いつまでも青いんだなぁ。はぁ~。

みなさんは、この絵本を読んで、どう思われましたか?
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-02-23 13:42 | 雑記

ベース、落札。   

2007年 02月 16日
思えばこの半年間、夜な夜なオークションにへばりつき、ホレこんでは入札し、泣く泣く見送るという生活を送ってきた。
しかし、このベースを目にした時に、そんな生活にも終止符を打つべき時が来た、気がした。
そんなわけで、とうとう、ベース、落札しました( ̄ー ̄v



ジャジャ――――――ン

e0063317_1015578.jpg


SGっぽいけどちゃんとレスポールのくびれがあるシェイプが美しくて、塗装もキレイなシルバーラメなところに、ひとめぼれ...(-ω-*)
そして、ここまでホレこんでしまったのはもうひとつワケがあって、この色と形が、スタートレックのエンタープライズを髣髴とさせるからだ(笑)。

e0063317_10511278.jpgこれ→、船籍番号 NX-01、極初代のエンタープライズ。つまりスタートレックの最新シリーズ「エンタープライズ」のエンタープライズ。
その「エンタープライズ」のオープニング映像を見て欲しい。人類が帆船「エンタープライズ」で大海原に乗り出すところから始まり、次第に科学技術を発展させていき宇宙開発に乗り出し、やがて、人類の英知と夢と希望とを結集させた宇宙船、「エンタープライズ」が登場する。そのエンタープライズが地球を旅立ち、またたくまに人類最後のフロンティア、宇宙へと吸い込まれていく。その映像の美しさといったら、、、
はあぁ~~~*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

ということで、このベース、そんな何かが微妙にズレたワケのわからない色眼鏡で見てしまうものだから、私の目にはことのほかスバラしく美しく映る(笑)。そんなわけで、このベースはデコデコする勇気がありませんの。人から借りたベースは平気でデコしたクセに、自分で購入したベースは、デコできません(爆)。
これが中途半端に汚れてでもいれば気軽にデコできたんだろうけど、これが新品同様、キズひとつない美品だったんだもの。キズどころか、ホコリひとつついてなくて、超ピッカピカ★
なんていいお買い物をしたのだろう(涙)。しかも、ネックが薄くて思いがけずとっても弾きやすい(感涙)。

けど、ちょっと問題があって、どうも、バランスが悪い。ストラップをつけるピンがボディの裏側にあって、立って抱えて手を離すと、ヘッドが下がってくる・・・。ズルズルと・・・どこまでも・・・
うーん(-公-;)、、、店頭で手に取っていれば、買わなかったか・・・・(つд-。)
いや、滑り止めのついてるストラップをすれば、回避できそうだから、まぁ、いいか......
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-02-16 11:34 | 音楽

第9回小樽雪あかりの路   

2007年 02月 13日
e0063317_10361143.jpg
昨日は大雪の日だった。
こんなに雪が降って喜んでるのは、わんこと子どもたちと南から来た観光客と、私ぐらいに違いない。
もさもさ降り積もる雪のなかをどんどんただひたすら歩き続けるのが好きだ。目の前の色彩が白一色に染まっていく空間のなか、ひとり黙々と歩き続けているうちに、ふわふわ超空間を浮遊している気分になれるから。

e0063317_103825100.jpgそんな気分でふわふわ歩いてると、こんな異様な光景に遭遇。北欧を思わせる背景をバックに待機する人力車がミスマッチでファンタジック。うっひょー、こんな人力車に乗ったら、そのままホントにふわふわお空を飛べちゃうかもしれない(怖いって)。


日暮れを迎えると、こんな景色はろうそくの暖かな明かりに灯される。今年も「小樽雪あかりの路」のシーズンがやってきた。
今年は暖冬のせいでオブジェが溶けて原型をとどめておらず、おまけに、その上に雪がこんこんとふりつもっていくものだから、もう何がなにやらサッパリわけがわからんことになっていたけど、それでも、人を魅了するには十分に美しい。案の定、暗すぎてまともな写真は撮れなかったけど...。
去年撮った写真とおなじ景色なのに、微妙に赴きが異なっている。オブジェの溶け具合、倉庫のツララ具合、雪あかりが反映する光の加減。よくみると、こんなにも違う。
来年はどんな写真が撮れる年になるのかな。

e0063317_10572025.jpge0063317_1181983.jpg
e0063317_1112622.jpge0063317_11104385.jpg


「雪あかりの路」は18日(日)まで開催しています。小樽まで来たら、声かけてね!
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-02-13 11:37 | 風景

しりとりバトン「レディ・スターライト」   

2007年 02月 06日
みょうがさんから「しりとりバトン」をいただきました。ありがとうございます。
「駅」→「着膨れ」ということで、ハラマキ推奨委員会・実行委員長に就任している私にバトンが回ってきた模様。当然、私、着膨れております。女たるものハラを冷やしてはなりませぬ。

さて、お題の「れ」ですが。。。。
れ...れ...れ...レレレのおじさん...レンコン...レ点...檸檬...憐憫...連弾...劣性遺伝...レッド・ツェッペリン...レナード・コーエン......ぜんぶダメじゃん...
e0063317_1343162.jpgそうだそうだ、レナードといえば、「レナード・ニモイ」がいた( ̄ー ̄ いいネタだ(笑)。レナード・ニモイに対する愛情を書き連ね出したら止まりません。
けど、コメントもらえそうにないので却下(悲)。(注:レナード・ニモイとは私の敬愛するスポック役の俳優です。)

e0063317_14583527.jpg人の名前なら、「レイ・チャールズ」なんて人もいいかも。私は幼少の頃よりレイ・チャールズが好きで、ハイジのレコードよりレイ・チャールズをかけて!と親にせがんでいた幼稚園児だった…。
そんな純真な頃から大好きなレイ・チャールズだったのに、映画「Ray」を観て、ビックリした。あんなにも女にだらしないヒドい男だったとは、知らなんだ...。天才ってどうしてこうなんだ...。
....でもやっぱり、「レイ・チャールズ」の「ず」から始まる言葉は後に続かないので、レイも却下。

うーん...と悩んでいたら頭の中で流れ出した曲があった。よし、これで行こう!
e0063317_14455141.jpgということで、抜かりなくスイート布教活動ネタです(笑)。
「Lady Starlight」。(←You Tubeリンク)
リンク映像で「The Sixteen」の後に続いて、ギターのアンディ・スコットがボーカルをとるのがこの「レディ・スターライト」。
アンディのビブラートをかけたボーカルが、かなりいい感じ。大好きな曲なので、いつかこの曲をぜひともライブでやりたい、と思ってる。けど、賛同してくれるメンバーが誰一人としていません...( ノω-、)
ま、こんな曲もあるところが、スイートの魅力なんだなぁ~。ベースのスティーヴ・プリーストがずっとガム噛みながらアグレッシブにベース鳴らしてて、それがまたカッコいい。はぁ~~~~、スティーヴになりきりたい(笑)。


ついでなので、「レ」で始まる歌を2曲つづけて。
「Let's Misbehave」「Let's Do It (Let's Fall In Love)」
すいません、この映像、R指定です(汗)。
「モーリス」、「ワイルド」、「華麗なる貴族」、こんなキーワードにピンと来る方はご覧あれ。私には直視できません...(oノωノ)キャーーー!!!
って、映像はともかく、、、この曲が、とてもいい。
これはケヴィン・クライン扮するコール・ポーターの伝記映画『五線譜のラブレター』劇中で、エルヴィス・コステロが歌う曲。続く「Let's Do It (Let's Fall In Love)」 は同映画内でアラニス・モリセットが歌っている。映画を見終わった後も、軽やかに心に響いてくる。

Let' misbehave~~~~♪Let's fall in love~~~~♪♬


では次にバトンをまわす方をお二人。
お題は「レディ・スターライト」の「と」
一人目はまだ見ぬタメのりんじぃ君
もうお一方は、先日お知り合いになった85ちゃん
気が向いたら、よろしくお願いします。
[PR]

by rainy_day_t_12_35 | 2007-02-06 15:10 | 音楽