夏の名古屋めぐり   

2008年 08月 07日
さーて、名古屋めぐりへ、いざ、出陣!

まず最初の目的地は「大須観音」。ちょうど、お祭りをやっていたようで、大賑わいだった!

e0063317_10131724.jpg
絢爛豪華、鮮やかな朱塗りの建物。反り返った屋根の角と角との重なり具合が、絶妙!




お次は「熱田神宮」へ。
どこまで歩いても、入り口が見つからないよぅ(汗)。ぐるりと廻って、ようやく鳥居を発見。
e0063317_10192287.jpg
熱田神宮は街のなかの、深い深い森のなかに鎮座していた。






名古屋城はホテルから徒歩圏内にあったので、セッション当日の午前中、お散歩に行くことに。

e0063317_1029271.jpg
てくてく歩いていると、いきなり、原生林、発見。こんな都会の中に!



e0063317_9582691.jpg
ひっそりと人知れず、古城に生い茂る草木たち。ラピュタの世界だぁ・・・・・・



そこから少し足を伸ばして、「徳川園」まで。
e0063317_10385392.jpg
なるほど。お庭ってのは、大自然を実物大にしたミニチュアなんだぁ!ビューティホー!!!


e0063317_10445711.jpg
涼しげな滝...(ホントは極暑)


e0063317_15264040.jpg
おひさまをめいっぱい受けて、大喜びの木々。



こんな光景を目にすることで、人は初めて太陽の美しさを実感できるんだとおもう。だってー、太陽って、直接見たら、マブすぎておめめつぶれちゃうもんね・・・。
たぶん、それは人に関しても、同じことが言えるんじゃないかなぁ、と、おもう。人の魂は本当は、直視するにはあまりにも美しく眩しすぎるから、ついつい色眼鏡をかけて、見てしまう。本当は、すべての人が美しい光そのものなのにね。
ともかく、この日も太陽、容赦なくマブかったぜ!
名古屋は、ご神木クラスの極太の樹木が、都会の中で悠然と構えてる街でした。素晴らしい~
これだけ緑が豊かな土地だから、東京と違って空気が濃いわけだ。そのおかげか、35℃越えの猛暑なのに、ぜんっぜん、苦にならなかったですよ。炎天下の下、歩きまくってるというのに、すがすがしいんだもの!(いいえ、それは私が冷え性すぎて、体内温度計、壊れているせいですよ。)
名古屋、たのしいよぅ~~~!定住したい!!!
ただ、ひとつだけ残念だったのは、私がうっかりベジタリアンだったということで・・・。名古屋名物「ひつまぶし」「味噌かつ」「手羽先」「天むす」・・・・・・・・ぜんぶ食べられないんだも~ん(つд-。)


次回は、三重めぐりの風景をお送りしまーす♥
[PR]

# by rainy_day_t_12_35 | 2008-08-07 11:22 | 風景

Queenセッション、2008年、名古屋の夏!   

2008年 08月 06日
e0063317_12543265.jpg
行ってきちゃったぁ~、名・古・屋★


名古屋に着いて、まず驚いたのは、セミの鳴き声。そういえば北海道にセミって、いなかったっけ…?いや、いるんだろうけど、今年はまだミンとも聞いてなかったもんだから、はかない生を謳歌する大合唱に、圧倒されっぱなし!
名古屋市内の街中に、悠然と構えた大自然にも、でらびっくりしたがや~(あってる?)。「うわぁ、なんじゃこりゃー!」叫びながら歩いてました。木が太いんだもん!なんかもう、緑のバイタリティがケタ外れに違うわ、パワーいっぱいもらってきちゃったー!

e0063317_13245722.jpg

さて、旅の目的は、ご存知Queenセッション!
前回、4月の京都ではやりすぎて始終おろおろしてたので、今回はラフに2曲だけ、と、思いきや、緊張度合いって、曲数の多い少ないに関係なかったみたい。。。もっと早く気付いとけばよかった。


「Save Me」はベースでのエントリ。
よしぞうさんのベースを弾かせていただいたのだけど、本番前に練習したら何だかうまく、抑えられない。スケールが違う???練習すればするほど、しどろもどろ(汗)。でも、よしぞうさんのSGベース、軽くてなじみが良くて弾きやすくて、こんなにストレスを感じないベースなんて、初めて!
そのおかげで、本番では大きなミスには至らなくて、ちょっとフレーズ抜けたりもしたけど、、、でもま、ホッとしたのと、嬉しかったのと、この曲の優しさにウルウルきちゃったのと、いろいろあいまって、異様に感極まって、泣いちゃった~。それがバレたのが、ちょびっと、ハズカしかった・・・。

あとは「The Show Must Go On」でキーボードを少々…。
何となく、緑のおじちゃんが一緒だから、とか、よくわからない根拠で安心しきってて、何も考えないで弾き出したら、テンポとか、いろいろ、ダメだったみたい。えへ。・・・ごめんなさい(涙)。
でもね、ベースを膝の上に乗せてお琴のように弾いてる人とか(ありえない!けど、緑のおじちゃんだから、ありえる)、興に乗ってハデに脱ぎ出して、パンツ一丁になってるフロントマンとか(いたいけなおねーちゃんには、刺激的過ぎました★)、そんな方たちのあおりを受けながら、私にしては、これでもよく平常心を保てた方だったのです。だからもう、万々歳!えらかったよ~、ドロたん。(自分に甘く生きていくことにしました。自分にやさしくなれなきゃ、人にもやさしくなれないもんね。ふっ...)

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました♡
私がステージに立たせていただくなんて、毎度のことながら恐縮でしたが、本当にありがとうございました。

今回、衣装はねー、うっかり、フレディのパートがなかったもんだから、控えめに、バレないように、コスフレってみました(ばればれ)。「Show Must Go On」のシンセは、どう考えても、ブライアンが弾いてるし。。。
しかも、今回は北の矢印職人が参加できなくなったったそうなので、私が代わって矢印を背負って立ってやるべさ!と、矢印タンクトップ姿で挑みました☆ そしたら、なんとまぁ、フレッドやすさんと、衣装、奇遇にもかぶっちゃいました。ごめんなさい。。。
フレッドやすさん、矢印同士としてこれからもヨロピQです!


e0063317_1331783.jpgもうひとり、あとね、オバQたんという同士も、再発見しちゃった~。スイマー同士でなおかつ、露出狂同士(゚∀゚;) スイマーってのは、あのくらいの露出ごときに、恥じらいを感じないんですよ(笑)。でも写真は極小で勘弁しといてね(笑)。



e0063317_13191199.jpgあと、ポール山田さんという異父異母の双子のお兄ちゃんにも、めぐりあえました。おなじ誕生日だったのです。運命的★ うらやましいでしょー?うふ♡
ポール山田さんのパフォーマンスは、私が言うまでもなくスバラしかったのです。あんまりに魅了されて、骨抜きにされちゃったので、、、ドロたん、ぬかりなく求婚しときました(*´∀`*)えへ♥


しかしまぁ~、楽しかったぁ~~~!!!
前日から、見知らぬ土地でびくびくしながら名古屋周辺を旅してまわってたけど、会場に入ったとたん、チラホラ顔見知りの方がいて、皆様に暖かく迎え入れていただいて、なんだかやたら嬉しくて、それから最後までずーっと、穏やかで優しい空気に包まれていて、とびっきり楽しくって、たまらなく居心地が良かったです。
こんなにもすばらしい機会を与えてくださった皆々様、たくさんの出会いを与えていただいたことに、あの場を共有させていただいたことに、感謝します。
本当にありがとうございました。
気合入れて、名古屋まで行って、本当によかった!
また行きます!また、いっぱい、いっぱい、遊んでね!

Love,
ドロたん
[PR]

# by rainy_day_t_12_35 | 2008-08-06 13:42 | セッション&バンド

新しい家族   

2008年 07月 15日
私の永遠のアイドル、サスケが虹の橋を渡っていってしまってから、約1年半がたったある日のこと。
家の前から、ニャーニャー、大きな鳴き声が聞こえてきた。必死でママを呼ぶ子猫の鳴き声。
異様に胸がドキドキした。こんな時をずっと、密かに、待っていた気がした。
大急ぎで駆けつけると、必死で泣き叫ぶチビっ子の姿が。
この付近にノラはいない。ママとはぐれたノラでもなさそう。こんなチビっ子、脱走して迷子になったわけでも、なさそう。捨てられたのかな。。。
すぐに連れ帰って、ごはんを食べさせて、体を拭いたら、もう、元気に跳びはねて、私にじゃれて遊びまくり、抱き抱えてなでなですると、ゴロゴロ安心して腕の中で眠ってしまった。こんなにチビっ子なのに、ひとりぼっちにされて、怖い思いもしただろうに、こんなにも無邪気に信用してくれるだなんて...( ノω-、)

よく食べ、よく遊び、おねむの限界まで遊び、おめめがショボショボ、ヨロヨロになった頃に抱き上げると、ゴロゴロゴロゴロあまえて、すぅ~っと寝入ってしまいます。
お空がとってもキレイな夏至の頃に出会ったので、[空(くぅ)]と名づけました。いつも元気いっぱい、推定2ヶ月の男の子です。お名前を呼ぶと、とびっきりカワイイ声でニャー!と元気よくお返事ができます。


e0063317_13495298.jpg
はじめまして☆くぅちゃんです、よろぴくぅ♪


e0063317_13534432.jpg
この白いおねぇちゃん、ウーウーうなってばかりで、あそんでくれません、、、(泣


e0063317_14164010.jpg
このグルグルにじゃれるの、大好き!大きいおねえちゃんが「くぅちゃん、ベースの練習できないよぉ~(*´∀`*)」とか言って、練習しないのをボクのせいにしてます。大きいくせに...


e0063317_1424564.jpg
(遊びつかれて、ジジと一緒にねんね)



くぅちゃん、うちに来てくれてありがとう♥
こんな出会いに感謝です。毎日、楽しくて嬉しくて、たまりません+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ えへ
ももともども、よろぴくぅ~♪♬
[PR]

# by rainy_day_t_12_35 | 2008-07-15 14:11 | サスケ&もも&仲間たち

2008年、春の写真展   

2008年 05月 09日
前回、風景写真をお褒め頂いて、お世辞でも、とーっっっても嬉しかったので、せめて年に4回くらいは季節の風景写真でもアップしちゃおっかな~♪♬
と、そんなわけで、春の写真展、開催しまーす。


e0063317_9352212.jpg
冬の終わり、夕暮れ時の番人

e0063317_9365672.jpg
夕陽を背にきらめく満開の桜

e0063317_9391952.jpg
梅とヒヨドリ(たぶん)。梅って、つくづく、枝ぶりがお見事!

e0063317_9401629.jpg
(*ゝω・)ノよっ! ぼく、エゾリスたんデース★

e0063317_940506.jpg
ピョンピョンピョンピョン!
今にも飛び跳ねそうなくらい、元気いっぱいの葉っぱ。春が来た!


e0063317_9421953.jpg
白い階段。天国へとつづく階段は、きっと、こんな感じ。

e0063317_94323.jpg
最後の一輪の春

e0063317_9433889.jpg
春色の道。春もそろそろ、ここまで。




☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


さて、話は変わりますが、
例年この件にはなるべく触れずに過ごしていたのですが、今年は考えが変わったので、あえて自分から切り出すことにしました。
私、今日で、何度目かの18歳の記念日を迎えました...(-ω-*)
今まで誕生日って、祝っていただくためにあるものだと思っていました。だから何となくおこがましくて、自分からは言い出せなかったんです。でも本当は、誕生日って、生まれてきたこと、今ここに生きていることに対して、改めて感謝するための特別な日、なんですね。そう考えてみると、黙っているわけにはいられなくなりました。
「お誕生日おめでと」の言葉はいりません。それより何より、私の感謝の気持ちを受け取っていただいて、「よしよし、そんなに言うなら、これからも仲良くしてあげるね~」って言ってもらえたなら、とっても嬉しいです(*´∀`)
今こうして私があるのは、すべての皆様との出会いのおかげです。ありがとうございます。
何かと至らない点が多いばかりに、不本意ながらご迷惑をおかけしてしまうことも多々あるとは思いますが、ま、しょうがないっか…、ドロたんだし(苦笑)、とでも思って笑って許していたいだければ嬉しいです。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。(_ _*)

e0063317_9553268.jpg
Love,
ドロたんxxx
[PR]

# by rainy_day_t_12_35 | 2008-05-09 09:44 | 風景

緑の桜、天の使い、天国 (2008年、春の京都旅行記シリーズ最終日)   

2008年 04月 25日
そういえば、この前日、貴船帰りに奇妙なことが...
「東福寺」駅でJRに乗り換えたはずが、私がいたのは、JR「いなり」駅のホームだった。愕然。
ナゼ???
あっ!そうか!
きっと、まさに、狐につまされちゃったんだぁ、あはははは~!
きつねどんってば、いたずらっ子なんだからぁ♥(←降りる駅、おもいっきり間違ってるよ)
睡眠不足がたたると、狐のチョロいカモになれて、摩訶不思議経験が楽しめちゃいマス★


さて、最終日。今日の目的のひとつは、緑の桜「御衣黄」を見ること。
京都の方たちに事前リサーチしたけど、詳しく知る人はいなかった。どんなんなんだろー?

まずは京都駅を出発して、龍安寺へ。
e0063317_1254146.jpg
もう桜のシーズンを逃したと思っていたけど、何のその、まだまだ全開!
桜の花と新緑、青い空とのコントラストが、美しい~。




その後、ウワサの御衣黄を求め、すぐ隣の仁和寺へ。
e0063317_12551363.jpg
ジャジャーーーーーン!!!

緑のおじさん、見て!見てーーー!運良く開花の時期に、間に合いました!
ホラ!緑でしょー!どこからどう見ても、緑!緑が萌えるよ~~~~カワイイ~
私の発言は的外れだの非常識だの道民を代表してないだのと、事あるごとにやいのやいのチャチャ入れてくれるお方がおりますが、たまには、私の発言に、真実が垣間見えることもあるのですよ。
フフン、どうだ、参ったか!<( ̄^ ̄)>はっはっは~!
御衣黄を知らずして桜餅を語る事なかれ。>jazzたん



そこから電車に揺られて、嵐山へ。
ここで、一気に旅の疲れが。そりゃ、私、前日は、2時間の睡眠で10kmくらいは歩いてるし、この日も慣れないホテルであまり寝付けなかったし...。
そこで、嵐山の駅についてから、駅ホーム内にある足湯へ直行。なんと150円でタオル付きの足湯。疲れた体に、嬉しい。こんなステキなところ、毎日、通いつめたいっ
e0063317_1256508.jpg
この暖簾をくぐってるおばあちゃん、お話を聞くと、88歳なのだそう。奈良からいらしたとか。
旅をしてまわるのが、元気の秘訣、そう言って、にこにこ笑いながら、チョコレートを頂きました。嬉しかったなぁ~
足湯に癒されて、おばあちゃんに元気をもらって、大復活。ふたたび、歩き出すことに。



e0063317_12595681.jpg
嵐山の渡月橋から。連帯航空を楽しむ鳥たち。




そこから少し足を伸ばして竹林の道へ。
e0063317_1311191.jpg
北海道に竹は生えないので、竹林がとても珍しいのです(道民代表)。



e0063317_1315841.jpg
ついでに、北海道では柑橘類もなりません。なので、こんな光景には、思わず目を丸くしてしまう(道民代表)。



e0063317_1332468.jpg
そこからさらに進んで、「落柿舎」
ここは紅葉シーズンに、もう一度来てみたいなぁ。



そこから、苔につつまれた庭園がとても美しいという、「祇王寺」へ。
e0063317_1342218.jpg
ここにもこんなに見事な竹林が。


その美しい竹林の下で、目にしたこの光景...
e0063317_1351556.jpg
美しい苔の庭に、木漏れ日がさして、美しい緑のじゅうたんのうえで、まったりまどろむ絶世のbijou...
こ、これは、、、天の使い?ここは、天国?天国って、こんなところ?きっとね、メリーさんちのメリーちゃんや、うちのサスケが、のんびり一緒に遊んでいるところ。
時の流れが、ちがう。ここは、異次元の空間。



そこから足の赴くままに歩いていると...
e0063317_1361651.jpg
またもや、天の使いに遭遇。
この鳥、サギ?シラサギ?
貴船神社でも会った。竜安寺でも会った。ここで3度目の再会。出会う度に息をのんでしまう。美しい~。こんなにも美しく大きな鳥が、まったり羽を休めている光景が、ふつうにあるんだぁ...
京都、驚きの連続。

e0063317_1384224.jpg
そしたら、ホラ、みて!みて!
湖面がキラキラキラキラ輝き出して、それが、ずーっと、私の歩みについてきてくれていて、
不思議で不思議で、ひたすら圧巻されてたら、そのキラキラがひゅーっと空中に立ち昇り霧となって、宙に消えていった。なんなのーーーっ???てビックリしてたら、その対岸に、ホラ、神社が。
よく見ると、「御髪神社」の文字が。
あはは、不謹慎にもちょびっと笑っちゃったけど、歴史のある神社でした。神様がいます、きっと、ここに。
ははは、笑っちゃうくらい、不思議なことがいっぱい。夢の夢子ちゃんになった気分。



すっかり狐につまされて、夢うつつ、ふと後ろを振り返ると、今度はあらあら、まぁまぁ、なんなのでしょう、ここは。お花盛りのお花畑。色とりどり。
e0063317_13114396.jpg
こんな光景、観たことないっっっ(つд-。)天国、パラダイス、生まれてきて、良かった。

これにて、京の旅は終わり。
すばらしい。なにもかもが、美しい。
京都。
また行きます。
1年に1度は必ず、いや、1年に2度はきっと、いや、それだけじゃ、見きれない、経験したりない、
京都、移住したい。いっそのこと、、、
京都にて、嫁ぎ先、募集中。
ふつつかものではございますが、よろぴクでーす★
またねーっ!


e0063317_13123160.jpg
Love,
ドロたんxxx
[PR]

# by rainy_day_t_12_35 | 2008-04-25 13:13 | 風景